今日はどこへ行くの?

kkabakichi.exblog.jp
ブログトップ

岩船山

3月11日の地震では、このあたりでも屋根瓦が落ちたり、大谷石の塀が倒れたりの被害がありましたが、私がちょこちょこ遊びに行っていた岩船山も大きく崩れてしまいました。

a0076428_13522717.jpg
写真の中の①のV字型に開いたところと、右の②の部分。

下の写真は、隣りのみかも山(カタクリの里から青竜岳に登る途中)から地震の2日前に撮ったもの。
角度が違いますが、崩れる前の姿との違いが分かるでしょうか。

a0076428_13525342.jpg




a0076428_13531770.jpg
こちらは岩船山の上にある高勝寺の奥にある展望台部分。
左奥が崩れた部分。
最初の写真の②にあたります。

崩れてしまったので、下から見たときに展望台がすぐ分かるようになっていました。


a0076428_13551318.jpg
こちらは1月に出かけたときの同じ展望台。
撮影した角度が違うので位置関係がちょっと変わっていますが、祠の後方見える木の形が同じなので分かるでしょうか。
祠の後ろの大きな木はどちらの写真にもうつっていますが、上の写真では、灯篭の左側の木と、フェンスが落ちてなくなっています。


以前、行ってみた三角点のある山頂部分も、展望台から先はテープが張られて立ち入り禁止になっていました。




a0076428_13584258.jpg
こちらは①の部分。

左側に見える緑のフェンスの右手に、少し前までは赤さびたアーチのある橋をのせた崖の上部分が見えていたのですが、今は向う側の景色が見えています。
なお、このフェンスよりかなり手前にロープが張ってあり、フェンス近くまでは行けなくなっていました。
フェンスを設置した時よりも、危険になっていたのでしょう。
長年ここにあるお寺の判断は正しかったのですね。

もともとは、この奥に高勝寺の奥の院があって、薄く切り立った崖の上には通路の補強のために鉄の橋がかけてあり、通ることができるようになっていたようです。
しかし、かつて採石したときに削り過ぎたのか?すっかり薄い崖になってしまっていたようで、崖崩れの危険があるということで、しばらく前から立ち入り禁止になっていました。



a0076428_13573726.jpg
これは裏側から。
上にあった鉄の橋が、崖の下に落ちていました。



あの日、私は隣りの晃石山にチビとのぼっていて、地震がおきる30分ちょっと前の2時過ぎに桜峠から清水寺におりてきました。
崩れる前の岩船山も、お昼のおにぎりを食べながら晃石の山頂から眺めたばかり。

凄まじい、今回の地震の破壊力です。


この日は朝のうちは天気が良かったので、多めに洗濯したりしたので、遅めのスタート。
そのため下山もいつもより遅かったのですが、あと一時間早く地震が起きていたら…、と考えて後からぞっとしました。
でも、私がおりてくるときに、晃石方向に稜線を登って行った方ともすれ違っていますから、何人かの方は山の上で地震に遭遇されたはず。
桜峠のところで、伐採作業を行っていた方たちもいましたし。
みなさん、ご無事だったのでしょうか…。
[PR]
by ts-kabakichi | 2011-04-07 14:17 |