今日はどこへ行くの?

kkabakichi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:兄ちゃん( 65 )

合唱コンクール

タイトルの文字を変換したら「合掌コンクール」と出てきて、思わず吹き出しました。
そっちのコンクールの方が楽しそうだ。
みんなで心をこめて合掌し続けるのを観賞するのだ。(嫌か。)


それはさておき、今日は中学校の合唱コンクールでした。
クラスの仕上がり具合より、兄ちゃんが出てくると、思わず「ちゃんと口あけてるのか?口あけてても、声出して歌っているのか?」と思ってしまう私であります。
幼稚園のころから、何度も、テキトーな口パク&テキトー指使いの音楽発表を見てきたせいです。
(6年生でこんな感じ)


しかし、それを本人に言ったら

「そういう時代からは、ちょっと脱したもんね。」
とのことでした。

そりゃ来年からは安心だね♪
[PR]
by ts-kabakichi | 2012-10-28 22:55 | 兄ちゃん

期末テスト

来週は中学の期末テスト。
エンジンがかからない兄ちゃんに、週末ちょっとぶち切れ状態の私。

しかし、いくら私が言っても、本人にやる気が無ければ、どうしようもないしな、と


なので、
「進学しないならそれもよし。早く働いてうちにお金入れてくれたら、父ちゃんと母ちゃんは毎年外国旅行でもして悠々自適で暮らせてとっても助かるので、そうしてね。」
と申し渡しました。

あとは自分で考えろー。
[PR]
by ts-kabakichi | 2012-02-14 09:35 | 兄ちゃん

最近の兄ちゃん

①先日、近くの大きな体育館で長縄跳びの大会?がありました。
学校単位で出場。

朝8時半集合なのですが、早く行って友達と遊ぶのだ、と7時前に出かけていきました。
友だちも、ちゃんと来ていたらしく、体育館に隣接する広大な公園を貸切状態で満喫できたよう。


②自然大好きな友だちから電話が来て、遊びに行くことになりました。
「川のそばのがけのところに、粘土堀りに行こうって。移植ごて貸してね。」
この間の台風で、新しく露出した部分があるようです。

帰ってきて
「お母さん、粘土って、茶色じゃなくて青い色してるんだね。知らなかったよ~。」

そうです。
私の実家のあるところなんて粘土質だから、ちょっと掘れば青い粘土が出てきて、それで遊んだものです。
ちなみに、その粘土を生かしたレンガの産地でありました。


③気温が下がってきたので、長袖を着てみた兄ちゃん。
「お母さん、去年着ていた服の袖がもう短いよー。」
「へえ、背が伸びたんだね。よかったねえ。」

しかし、脱ぎ捨ててあった服を見たら、
七部袖のTシャツでした。
[PR]
by ts-kabakichi | 2011-10-10 07:02 | 兄ちゃん

へんしん

兄ちゃんは中一ですが、3月生まれなのもあって、かなりチビです。
見た目は小学5年くらい。

この間行った木工作でも、先生に「ぼく」と声をかけられていました。
ヒコーキでは「ぼくちゃん」だったらしいが。

そんな兄ちゃんも、制服や体操服を着れば中学生。(制服が小さくて面白いけど)

朝、体操服に着替えてきて
「中学生にへんしーん」と申しております。

帰ってくると、最近は汗だくなのでまた普通の服に着替え、
「小学生にへんしーん」と。


いつになったら変身しなくてもよくなるのかな。
[PR]
by ts-kabakichi | 2011-08-18 05:49 | 兄ちゃん

生まれて初めて

兄ちゃん、後から北海道に来たのですが、急に決めたので飛行機が取れず、ファーストクラスなるものに乗ってやってきました。
父ちゃん、太っ腹だ。

なお、最初は15時半の便しか取れていなかったのだけれど、11時半に空きが一席だけあって乗れたらしい。このあたりは、飛行機慣れしている父ちゃんだからこそ出来るらしい。
(父ちゃんは羽田まで一緒だったけど、ここで分かれて宮崎に向かった。相変わらず離散一家…。)


さて、兄ちゃん。
飛行機から降りてくると、

「よく名前がわからないけど、カタカナのいろいろな料理がたくさんあって、選べたんだ。おなかいっぱいだよー。デザートも好きなのえらべたんだ。」

「ナプキンも真っ白だし、おしぼりもふわっふわだったんだよ~♪」

「もう、生まれてはじめてだよ~。」

と感動のご様子。

で、母ちゃんからのひとこと。

「たぶん、これで最後だと思うよ。」


はい、わが家では、贅沢は敵です。

羽田からの帰りは、もちろん在来線でした。新幹線なんて高くて乗れないもーん。
[PR]
by ts-kabakichi | 2011-08-05 18:58 | 兄ちゃん

中学生たち

日曜の午後、兄ちゃんの友だちが遊びに来た。
遊ぼうと電話をかけてきた子もいて、その子も途中から参加。

普段、友だちとどうすごしているのかを見ることはなかなか無いので、家で遊んでいる様子を見るのも面白い。



Kくん。

兄ちゃんとは小学校は違うけれど、剣道の道場で一緒だった。
裏表の無い性格。ゲーム大好き。
よく「S(兄ちゃんのこと)の母さん、Sにももっとゲームさせたほうがいいですよ。面白いから。」などと薦めてくる。
からかうと、非常に面白い。

今回はうちに来てから、兄ちゃんと100円ショップに出かけようとしたとき、泣いてついて行きたがったチビをとっても気にしてくれて、
「自転車の後ろに乗れる?だったら連れていくけど。」と話しかけている。

兄ちゃんも、私もいつものことと思って聞き流しているけれど、泣いているからかわいそうだと思ってくれたようだ。

「いいのいいの、Kくん。泣いててもすぐに泣き止むから大丈夫。」と言ったら、
「仕方ないなあ、お土産買ってくるよ。」とチビに言って出かけていって、本当にお菓子を買ってきてくれた。
チビ、大喜び。

いい子だ。(^^)
こうやってたまに、表向きはしょうがねえなあと言う感じで、でも優しい顔でチビの相手をしてくれる。



Dくん。

おとなしい彼は動植物、岩石などに非常に詳しい。
マムシも素手でつかめるツワモノと兄ちゃんは言っている。
去年のクリスマスはケーキを作って、男子クリスマス会開いたりもしてくれた多才な少年である。

少し前には、兄ちゃんの盆栽の梅を見て、
「うーん、枝を伸ばしすぎてる…。」と剪定のアドバイスもしてくれた。

今日のお題?は石。
チビと私が拾ってきた、晃石山とみかも山、岩舟山の石を見て、晃石とみかもの石は
「チャートだ。」とすぐにわかった様子。
岩舟石は、すぐに思い出せなかったようだけど、どうやって出来たものなのかは知っていた。
(ちなみに凝灰岩です。)

その後、私が子どものころから大事に持っている、海で拾ったメノウを見せたら、
「うわー、思川で同じようなの拾ったことある。あれ、メノウだったんだ。庭石の中に入れちゃったよー。」と言っていた。


あとで兄ちゃん、
「お母さんとD君、話が合うんじゃない?あの石の話の盛り上がりには、僕はついていけなかったよ。」と言っておりました。
わが子を置き去りにしていたか。

すまん。



きっと、そのうちに友だちの家のおばちゃんなんかとは話なんかしなくなるんだろうけど、まだまだ面白い男の子たちであります。
[PR]
by ts-kabakichi | 2011-06-27 00:35 | 兄ちゃん

こらっ!(期末テスト2)

「明日の社会のテストは地理なんだ~」と昨日は、地理の勉強していた兄ちゃん。

ちゃんとやっているかとおもいきや…。

朝、兄ちゃんが出かけた後、ムスメが
「お母さん、私の机の前にこんなの落ちてた~。」と、持ってきたプリント。

兄ちゃんの、社会の試験直前対策プリントだった。
しかし、白紙。
昨日やってた分野と微妙にずれてるが、ここから16点分出ると書いてあるぞ。
しかも、歴史からも出るって書いてある。

a0076428_119181.jpg
(帰ってきたら目に入るように、居間の扉に貼っておいた。)


し~らないんだ~ し~らないよ~ ♪

自分で一度痛い目にあいなさい!!(中間でも痛い目にあってるから、2度目なんだけど。)

(怒!!)
[PR]
by ts-kabakichi | 2011-06-24 11:12 | 兄ちゃん

期末テスト

今日明日は兄ちゃんの期末テスト。

ちっとも勉強している様子がない。
本人は、「大丈夫大丈夫~。」と余裕の態度。

しかし、昨日くだらない本を読んで大笑いしている兄ちゃんに、
「明日の試験科目は?」と聞いたら、
「えーと、理科と技術と国語。」
「3科目でおしまい?そんなわけないでしょう?」
「だって知らないもん。」(ちょっと反抗期)
「そんなわけない、調べなさいっ。」

その後、理科の練習問題をネットから探してきて、兄ちゃんに渡したところ…。

「この空欄は?」
「学校で習ってない。」
「うーん、植物の導管とか師管までやって「葉脈」習わないはずはないんだけどねえ。これ、葉脈ね。」
「ふーん。」

その他も、わからないところ続出。
教科書を見ると、アンダーラインも引いてない。(授業中はプリントばかり使って教科書見る暇ない、のだそうだ。へー。)
だからといって、ノートにもまとめてない。
ワークブックも学校においてきている。(先生が集めたんだそうだ。へー。母ちゃんも反抗期。)

ついでに言えば、技術なんてノートも教科書も学校に忘れてきたらしい…。


母ちゃん説教&特訓。


結果。

理科は、葉脈、出ました。
母ちゃん大いばり。
反抗的な態度も引っ込む兄ちゃん。

しかし、「植物自身が育つため」と書くところを「植物自信」と書いて×もらったりしていた。

兄ちゃんらしい…。
[PR]
by ts-kabakichi | 2011-06-23 22:18 | 兄ちゃん

まちがえた!

昨日の夕方、兄ちゃんの制服のワイシャツを洗濯する前に、襟をブラシで洗っていたのですが、なんだか変。
よく見たら、サイズが大きい!

兄ちゃんはチビなので155サイズなのに、洗っているワイシャツは170。

居間ではバッグから制服のズボンを出していた兄ちゃんが、
「あー、N君のバッグだ!」と叫んでおります。

自分のよりもはるかに長いズボンが出てきたようです。

一緒に帰ってきたとき、自転車通学のN君が兄ちゃんのスポーツバッグを自転車のかごに積んでくれたようで、最後に受け取るときに間違えたよう。
N君やさしいんだよ、と兄ちゃん談。
しかし、色も形もまったく同じバッグなのが不運のもと。

さて、翌日の朝N君が兄ちゃんの短いズボンで登校するわけには行かないので、あわててN君の家に電話しました。
チビがいるから大変でしょうと、お母さんがすぐに兄ちゃんのバッグを届けに来てくれました。
偶然、この日の昼間はN君のお母さんと出かけていたのだけれど、また夜にお会いすることになったのでありました。

なお、兄ちゃんのスポーツバッグ、先週はずっとその前の週末の試合のときに持っていったおにぎりの残りがひとつ入りっぱなし。(T_T)
おにぎり出した後でよかったです…。
[PR]
by ts-kabakichi | 2011-06-09 16:20 | 兄ちゃん

遠足と野外炊飯

今日は、チビの幼稚園の遠足と、兄ちゃんの野外炊飯がありました。
いい天気の一日で、どちらも楽しんできたようです。

まずは、10時までにチビの待ち合わせ場所まで送っていきます。
a0076428_2241295.jpg

場所は、近くにある携帯電話会社の広大なバックアップセンターの中にある、原っぱ。
園長先生いわく、遊具など何もないのがいいのだそうです。


次に兄ちゃんたち中学生が集結している、近くの大きな公園のバーベキュー場へ。
こちらはボランティアの親が手伝います。
10:20集合。

幼稚園児ではなく、中学生の相手なのがちょっと面白かったです。

ただ、あくまでも子どもたちの様子の見守り。
あまり手を出さずに、と事前に先生からも話がありました。

メニューはカレーライス。
薪で火をおこし、飯ごうでご飯を炊き、カレーを作ります。

火おこし、兄ちゃんはまあ慣れているはずなのですが、見ていると、みんなで新聞紙と薪を適当に重ねて火をつけたうえに、ちぎっただけの新聞紙を投入しています。
風が強い火だったので、それじゃあ火のついた新聞紙が飛んで行っちゃうよ、とここで口出し。
新聞紙はきつく丸め、火が長もちするようにし、その上に薪を置くようにと伝えます。



a0076428_2243849.jpg

子どもたち、飯ごう担当・カレー担当など分かれていて、最初はご飯は自分の担当じゃないからなどと言っていたのですが、そんなこと言ってると作業が進まないので、適当にその辺にいる子に野菜を切るのを指令。
いつの間にか、火のほうは専属担当者がついて、上手に燃やしております。
手の空いている男子には、水汲みを。
女の子とたちと兄ちゃんは野菜切り。
まな板と、キャンプ用の調理道具をちょっと持って行ったのが役立ちました。


a0076428_2254525.jpg

そのうちに、それぞれの子たちが率先して動くようになり始め、なかなかいい仕事ぶり。

カレーも、ちょっと水が多めだったのを、兄ちゃんが中心に辛抱強くかき回して煮込み、とってもおいしく出来上がりました。
ご飯もそこそこ上手に炊けました。
二つあった飯ごうのうち、ひとつはご飯が少々やわらかかったのですが、担当の男子、「水が多かったんだ」とあっさり明るく分析。
そうそう、火が通ってればいいのよ。


a0076428_2263180.jpg
出来上がったカレー。
本当においしかったです♪

みんなおかわりして、なべひとつが空になっておりました。

あと片付けも、さっさとはじめていて、感心。



カレーを食べたあとは、1時にチビの迎え。

a0076428_2264846.jpg

こちらも、満喫したようで、
「今日の幼稚園、楽しかったよ。」と何度もうれしそうに話をしていました。



母さんも忙しかったけど、楽しい一日でした。
[PR]
by ts-kabakichi | 2011-05-18 22:10 | 兄ちゃん