今日はどこへ行くの?

kkabakichi.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

でかけない毎日

このブログのタイトルが「今日はどこへいくの?」になったくらい、私は日々出歩く人間であります。

しかし、最近は家にずーっとこもりっきり。
で、どう過ごしているかと言うと…。

これが気楽なんですね~♪
家にだけいるのって、ラクなんです。
もともと、家にいてぼーっとするのも好きなんですが、貧乏性なのであれこれ動き回るのが普段の私。
でも、今は出かけようと思うと、首も据わらない赤ん坊のチビがいるので面倒なことに。

昨日は用事があったので、えいやっと気合を入れて、郵便局までだっこひもでチビを抱えて歩いていったのですが、暑くて大変。
2人で大汗かきました。
ちなみに、生後3週間の赤ん坊を連れ歩くと、非常識と思われるので(非常識なんですが)、すっぽりケープで覆っていきました。
日よけもかねてだったんだけど、これも暑かったです…。

まあ、暑かったのもありますが、出かけるより家にいるほうが楽だな~、と出かけてみて改めて思った次第でありました。


ところで、暑さといえば、既に赤ん坊は最近肉づきのよくなってきた首のまわりがアセモになっております。
エアコンを使ってもいいんですが、小さいうちに気温変化を体験しておかないと汗腺が発達しないとも言うし、日中はエアコンなしで過ごし、夜は気温に応じてエアコンを使っております。
日中は耐えられるんですが、夜が暑いと、北国出身の私が寝られません!

てなわけで、アセモはあるけれど、赤ん坊もまだそれが不快であるとは気づいていないようだし♪、窓開けて、暑いけれども外よりは涼しい家の中で過ごしております。
[PR]
by ts-kabakichi | 2007-06-28 13:47 | 日常

手助け

新生児を抱えていると、まだ外に出られません。
いつお腹をすかせて泣き出すかも分からないので、時間も読めません。
でも、うちには兄ちゃんとムスメがいるので、実は習い事(剣道とか)の送り迎えなんかがあるのです。

今は、それを友人たちが私に代わって手伝ってくれています。

時間が遅い剣道が一番大変なのですが、隣りに住んでいる同じ剣道に通っている子のお母さんが送迎を担当してくれています。
袴もきれいに畳み、面もきちんとヒモをむすんでくれ…、もう至れり尽くせりです。

ムスメは、週に一度幼稚園のリトミック教室に放課後に通っていて、その日はバスには乗らないので迎えが必要なのですが、これも同じクラスの子のお母さん(子育てフェスタで一緒にスタッフをしていた仲間が偶然同じクラスに)が送ってきてくれます。

兄ちゃんの水泳も雨が降れば、私の妊娠中から友達のお母さんが送ってきてくれたり…
妊婦健診のときも、私が朝早く家を出なくてはならないので、同じマンションのお母さんが預かってバスまで送ってくれたり…

ムスメがひまそうだと、気軽に遊びに連れて行ってくれる近所のお母さんもいます。
野菜を買って届けてくれた友人も。
気遣って声をかけてくれる友人もたくさん。

と、色々なところで、たくさんの周りの皆さんに助けていただいております。

そして、一番お世話になったのは、仕事を休んで今日までお手伝いに来てくれ、面倒を見てくれた父ちゃんのお母さんです。
その間一人暮らしだったお父さんにもご迷惑をお掛けしました。
どうやら、お母さんの職場の皆さんにも…。
子どもたちを送り出し、お弁当を作り、家の中のしごともたくさんあります。
入院中はもちろん、退院後もとても私だけでは出来ませんでしたから、本当にありがたかったです。

父ちゃんも、育児休暇を取って色々手伝ってくれ、今もなるべく早く家に帰ってくるようにしてくれています。

行きたいけど行けない、でも、行かなくちゃならない。
しなくてはならないこともたくさんある。
そんな場面での手助けや声かけって、本当にありがたいです。

子どもを育てていくのって、ひとりだけでは無理。
こういう、家族や友人など、周りの手があってこそできることなんですよね。


私も、また自分が手伝えるときが来たら、お手伝いしなくちゃ、と思います。
皆さん、本当にありがとうございます。

そして、また私もお手伝いしますからね~♪
[PR]
by ts-kabakichi | 2007-06-22 14:33 | おでかけ

断水

今日は、マンションの給水設備の工事のため、朝9時から夕方6時まで断水です。
いつもの年だと、午後2時くらいで断水は解除になるのですが、今年に限って、長い断水…。

新生児抱えていては、どこかに逃げ出すわけにも行かず、家で水の無い生活を送っております。
事前に分かっているので、風呂桶やペットボトルなどに使う水は確保してありますが。

でも、やっぱり、蛇口から水が出ないのって不便です。
ちょっと手を洗おうにも、食器を洗おうにも。
トイレの水も、風呂からバケツで汲んで流すのって、不便です。

災害時のシュミレーションだと思って過ごしておりますが、水が無いだけで何だか不安なんですよね。電気もガスも使えるのに。

ううむ、ふんだんに水の出る生活のありがたさ、こんな機会に感じております。

この間テレビを見ていたら、水差し一杯の水で顔を洗い、歯を磨く中央アジアの国の人の様子が出ていて、ああ、水って貴重なんだなあ、と思ったのでありましたが、それも断水を控えていたから余計そう感じたのかも知れません。

私の母はかなり年が行っているので、ポンプで水汲みしたり、川で洗濯したりという生活を実際に知っております。
だから、蛇口ひねっただけで水が出るありがたさをよく知っています。
台所の洗いものは必ず洗い桶でためた水を使うし、風呂の水だって最小限しかつかいません。
台所洗剤も、めったに使いません。
私もそういう姿を見て育っているはずなのに、気がつけば水道の水出しっぱなしで洗いものしちゃったり、うっかり風呂のお湯溢れさせたりしております。

これじゃいけないんですよね。

現に今日届いた5、6月の水道料金の請求書、過去最高額でございました…。
赤ん坊が生まれる前に!と、洗濯しまくっていたせいであろうと、心当たりはあるのですが。

うーん、少し考え直して、大事に水を使うことにします。
[PR]
by ts-kabakichi | 2007-06-21 13:46 | 日常

最近は…

ええと、生後9日目を迎えた赤ん坊はよく寝る子です。
夜もよく寝ます。
目を覚ましているときも、ひとりでご機嫌で過ごしています。

というわけで、とっても育てやすい子で、母ちゃんは助かっております。

一日10時間抱き続けた兄ちゃんとはえらい違いです。

…まあ、この先どう変わるかはわかりませんが。(^^;)


さて、その兄ちゃん、親の想像以上に弟をかわいがっております。
もともと、ぬいぐるみとかかわいい物好きなのですが(本人も認めている)、朝起きると、先ずは赤ん坊の顔を眺め、学校から帰って来ると顔を眺め、泣けば飛んで行って声をかけてあやし…。
声のトーンまで、妹に対するものとは違います。

(おかげでムスメが拗ねております。)

しまいには、「0歳には見えないよねえ、何だか2歳くらいの赤ちゃんに見えるよ。」
と、完全な「兄バカ」ぶりを発揮しております。
赤ん坊が生まれたら、兄ちゃんにおんぶさせるのが私の「夢」でしがた、本当に自らしてくれそうな勢いであります。

…まあこれも、いつまで続くかはわかりませんが。(^^;)


ところで、退院してきたら、ベランダの鉢植えの植物たちがよく伸びて、緑が1.5倍くらいに増えておりました。
ミニトマトなんて花が咲いてました。
草木も成長する季節なんですねえ。

「より子の子」は、結局兄ちゃんの強い希望でベランダで育てることになったのですが、定植する前に私が入院してしまったので、イチゴにツルを伸ばしかけております。
そのうち、プランター買ってきて植えなおさなくちゃ…。
[PR]
by ts-kabakichi | 2007-06-15 14:31 | 日常

どうでもいい話

父ちゃん、育児休暇をとってくれたので、毎日病院に来てくれます。
その間、子どもたちは、お手伝いに来てくれているおばあちゃんが見ていてくれています。

さて、今日のどうでもいい話。

父ちゃん「最近食べ過ぎだよ~。」から始まって、話題はいかに環境にやさしい食生活を送るか?に。
肉食べるには間接的にトウモロコシなんかも必要なんだよね…というのから、バイオマスの話になり…。

そして最後は、食べ過ぎた人の痩身のための脂肪吸引した脂肪って産業廃棄物だけど、バイオ燃料にならんかね、「この車は人の脂肪で走っています。~○○クリニック~」というのができたりしてね~などというクダラナイ話をしていたのでした。

そんなのんびりした日々も今日まで。
明日退院するので、また日常生活に戻らなくてはなりません。

ああ、手厚いケアのよい病院でありました。

でも、子どもたちは私と赤ん坊の帰りを楽しみに待ってくれているようです。
[PR]
by ts-kabakichi | 2007-06-10 19:34

お知らせ

a0076428_7221878.jpg

昨日の朝、3人目の子が産まれました。
3120gの男の子です。
4時すぎに入院し、8時前にはささっと産まれちゃいました。
午後に兄ちゃんとムスメが会いに来て、二人とも何とも言えない嬉しそうな顔で眺めていたので、私も嬉しかったです。
そんな状態ですので、しばらくはコメント、更新が途絶えると思いますが、新入りともども、よろしくお願いします。
[PR]
by ts-kabakichi | 2007-06-07 07:22

より子の子がやってきました。

我が家に、より子の子がやってきました。
ゴーヤーの苗です。
工場長さんちで元気に育った子です。

http://kohjohcho.exblog.jp/m2007-05-01/#6804506

a0076428_2135620.jpg

おっと、「よ」の札にピントが合ってしまいました。
より子の子であることを、立派に主張していることが、ここからも伝わってきます。(本当か?)

さて、一本届けていただいたあと、友達の畑の分も追加注文して、また届けていただきました。
どうもありがとうございます。

なお、うちのベランダでは布団干しのスペースを確保する都合上、植えるのが難しいので、マンションの共用緑地帯にこっそり植えて、野良ゴーヤーとする心積もりだったのですが、兄ちゃんが嫌がり、ベランダで栽培することになりそうです。
他の子たちに収穫されちゃうのがイヤなんだそうです。
で、夏休みの自由研究にしようかなあ~、と張り切っております。

さて、今年はうちでも収穫できるでしょうか??


それから、兄ちゃん、妹といっしょに梅ジュースを作ってくれました。
梅と氷砂糖をそれぞれ同量一緒に容器に入れて、溶け出すのを待ちます。
学校で作っているので、お手の物です。
10日ほど前に漬け、昨日、発酵を止めるための加熱をして完成いたしました。
夏のおやつです。
a0076428_21424917.jpg


a0076428_21573528.jpg

[PR]
by ts-kabakichi | 2007-06-05 21:43 |

何歳?

父ちゃんは38歳である。

しかし、白髪が増えたのと、体格の貫禄のよさ、父つぁん坊やなどと昔から言われていた(落ち着いた)風貌などがあいまって、見た目は40代なかば以上…。
スーツ着ると、そこそこエラそうに?見えます。
(実際は、公園でパン食べて、ネコとカラスに囲まれたりしてるんですが…)

会社でも、電話では気軽な口調だった相手が、実際にやってきて対面すると、妙にかしこまっちゃったりするらしいです。
父ちゃん心の中で
「僕、君を知ってるよ。2年先輩の○○さんだね。」
などと思うらしいのですが、相手はどう見ても父ちゃんの方が年上だと信じ込んでしまうようです。


先日も、会社の健康診断の案内が来て、部署内に30代が2名、というのを4月からきた上司が見て、「おーい、30代2人って、誰と誰なんだ?」
と言うので、
「Kさんと僕ですよ。同期なんです。」
と、父ちゃんが返事したら、
一瞬言葉に詰まったあと、
「いやあ、若いっていいよ。輝いて見えるねえ。」
と言い出したとか。

30代と知らないうちは輝いて見えなかったんでしょうか??
[PR]
by ts-kabakichi | 2007-06-05 09:40 | 父ちゃん

デビュー戦

今日は、兄ちゃんがはじめて参加する剣道の試合でした。

家の近くのスポーツセンターでの開催。
父ちゃんが連れて行ってくれましたが、一回戦敗退。
でも、参加賞で新しい手ぬぐいをもらって、お弁当食べて、けっこう喜んで帰ってきました。

本人も最初から「初めての試合だし、きっと負けるよ…」とかなり弱気でしたが、参加することに意義があるんです。

事前に試合の作法も真剣に覚えなきゃいけないし、雰囲気も独特だろうし。

まあ、そのうち勝てるようになるといいね。

しかし、まずは勝つ気になる方が先?
[PR]
by ts-kabakichi | 2007-06-03 20:31 | 兄ちゃん