今日はどこへ行くの?

kkabakichi.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

秋は予定がいっぱい

秋は、予定がいっぱいです。


10月は、
ムスメの運動会
兄ちゃんの剣道の昇級審査
父ちゃんは仕事で大崎のお祭りに参加
私は子育てフェスタ
ムスメのサッカー大会

といった感じですべての週末に避けられない予定が。

そして、11月も
兄ちゃんの運動会
ムスメの幼稚園のお祭り
兄ちゃんのYAC(宇宙少年団)の化石堀り
兄ちゃんの小学校のお祭り(←私は祭り委員なので、準備が佳境に入ってきている)
などなどやはりどの週末にも予定が。

このほかに、参加しているさつまいも会の畑仕事の日や収穫祭があったり、私が仕事として引き受けたエコバッグ講習会(簡単なステンシルで無地のバッグに絵付けをする。子どもから大人まで多彩な顔ぶれで。)なんかが間に入っていて、目が回りそう。

いろいろ楽しいのですが、ここまで予定が詰まっていると、自分の行きたいところに行くことができないのがつまらないです。
暇なときは何もせずに週末が過ぎていくのにね。あはは~。

ううむ、当面の目標は何とか時間をみつけて、まだ冷凍庫に眠っている、父ちゃんのあの肉を焼きにいくことかなー。
紅葉も見に行きたいな。
[PR]
by ts-kabakichi | 2008-10-30 00:09 | 日常

特技

先日のムスメのサッカー大会では、お弁当食べたり、観戦の拠点?にするのにレジャーシートが必要でした。

今回は忘れませんでしたよ。ほほほ。

たいして座っていることも無いだろうし、車に積んである小さめサイズのでいいや、と大きいのは持って行きませんでした。

ところが、今回幼稚園の手紙にレジャーシートが必要とは書かれていなかったために、近所の友人のところが用意していませんでした。
一緒に座るには小さすぎるし、車にまだあったはず…と言うと、父ちゃんが駐車場まで取りに行ってくれました。

その後開会式があったりして、それを見てから、先にレジャーシートを敷いてあったところに戻ると、父ちゃん、なんだか巨大なブルーシートに座っています。

「これ、どうしたの?」
と聞くと、
「その辺にいた左官屋のおじさんから譲ってもらった。」
とのこと。

車には1畳サイズのしかなかったので、小さすぎると思ってどこか近くのコンビニででも売っていないか、と店を探して歩いていたら、工事現場があったので、そこにいたおじさんに売ってもらったそうです。

うーん、私には思いつかないなあ。
そして、それを売ってもらっちゃう父ちゃんってすごいと思いました。
塩を調達してくれたときといい、意外なところから必要なものを調達する特技があるようです。

なお、左官屋のおじさんには、「これから現場?」と聞かれたそうです。
父ちゃん、普段はスーツ着て仕事している人なのですが、私服だと大体工事現場系の人に思われるようです。

会社に入ったころ、札幌ナンバーの車を三重でも乗っていたら、ガソリンスタンドで「兄ちゃん、出稼ぎかい?」と声をかけられたそうです。
フェリーに1人で乗っていたら、お風呂場でトラックのドライバーのおじさんに「兄ちゃん、どこの運送?」と聞かれたそうです。

まあ、スーツ着てても店の人だったりもしますが。

父ちゃん、実はナゾの人物なんだろうか。。


ところで、今回父ちゃんが調達してくれたブルーシート、
360センチ×540センチサイズ。
2間×3間、つまり12畳サイズ。

確かに現場サイズですわね。

ちなみに1,260円だったそうです。
しかし個人売りなのに消費税も?
まあ、買った値段で売ってくれたんでしょうね。


今回は二つ折りにして使いましたが、何しろ大きすぎるので、今後何に使ったらいいのか思案中です。
この際、30人くらいで花見でもしなくちゃ?

大きいブルーシートの必要な方は、わが家までお知らせください。
[PR]
by ts-kabakichi | 2008-10-27 22:43 | 父ちゃん

サッカー大会

昨日、幼稚園のサッカー大会があり、通っている幼稚園のサッカー部(!)に属するムスメも参加してきました。

ムスメの幼稚園はサッカー部人口が非常に多いので、クラスごとにチームを作り、違う幼稚園のチームと対戦します。
ムスメのクラスの第一戦の相手チームは、
兄ちゃんもかつて属していた幼稚園のサッカークラブ。
わが家では、因縁の対決、とひそかにささやかれておりました。

なお、兄ちゃんとムスメの幼稚園が違うのは、ムスメが通っている幼稚園が家からも小学校からも近いのですが、引っ越してきたときは兄ちゃんの学年は満員で入園できなかったからなのです。


さて、試合の結果は2-1で、ムスメのクラスのチームの勝ち!
しかも1得点はムスメのゴールでした。

ゴールキーパーもよく守り、3点は防ぎました。

ムスメの幼稚園のサッカーは体力づくりが目的で、普段の練習を見ていても、とにかく園庭を楽しく走り回っている、という印象で、技術的なことはあまり期待していなかったのです。
が、案外しっかり試合している様子を見て、週2回練習してきただけのことはあったんだねえ、とまわりのお母さんたちもびっくりでした。

楽しく練習して、試合にも勝って、よかったね。

あとの2試合は負けたけど、一勝してよかったです!


a0076428_153192.jpg
父ちゃん激写。ムスメのゴールキックの瞬間。


a0076428_14524854.jpg
勝利後、喜んで戻っていく子どもたち。
本当に楽しそうです。
[PR]
by ts-kabakichi | 2008-10-26 15:16 | ムスメ

山手線

この間の連休に、山手線に乗りに行ってきました。

この山手線、普通の山手線ではありません。


乗降口ではぬいぐるみがお出迎え。
a0076428_0414681.jpg


これ、大崎のお祭りのイベント貸切列車なのです。
大崎発大崎行きという、ノンストップの山手線。

秋田のなまはげも、つり革につかまって乗っております。
a0076428_0432833.jpg


こんな不思議な面々を乗せ、山手線一周をノンストップで走るのです。
中ではじゃんけんゲームなども行われました。


さて、主催者いわく、何が楽しいって、通過する駅のホームで唖然とする普通のお客さんたちに、乗っているみんなで「こんにちは~」と手を振るのが楽しいのだそうです。
私、たまたま最後尾に乗っていたので、車掌室の窓越しにホームを見ると、通り過ぎるこの不思議な山手線を、ホームの方々が皆順々に首をめぐらせて見送っていました。
ビデオ撮影している人もいました。

ホームで電車を待っている人から見たら、変な電車ですよね。
止まらないし、乗客は皆で手を振ってるし、なまはげとか乗ってるし、しかも電光掲示板には「団体」表示が…。

a0076428_048850.jpg



それにしてもすごいのは、貸切山手線というのを考えて、実現させちゃったお祭りの実行委員の方々です。
地域のお祭りの力ってすごいなあ、と思いました。
[PR]
by ts-kabakichi | 2008-10-17 00:48 | おでかけ

お店の人

父ちゃん、仕事のための買出しで大きな手芸品専門店へ行きました。

店の中を歩いていたら、ほかのお客さんに声をかけられたそうです。
「この階からは外に出られますかねえ。」と。

父ちゃん、「行ったことないからわかりませんが、多分大丈夫じゃないですか?」
と答えたら、相手の人があれ?という表情になって、そこでどうやら自分が店の人と間違われたらしいと気づいたそうです。

その後も次々に色々な人に店員さんと間違われて声をかけられたそうです。
一緒にいた会社の人は全然声かけられないのに。
連れ歩いている人とちょっとでも離れると、3人連続で声かけてきたりとかで、なかなか大変だったそうです。

店員さんの少ない店で、いても全然愛想がないそうで、土曜でたくさん来ているお客さんたちは、みんな必死に店員さんを探していたようです。
で、ほかの人が質問している父ちゃん=店員と思い、次々に寄ってきた?模様。

父ちゃん、ワイシャツ姿のはずなんだけど、店員さんらしく見えたのかなあ。
確かに、声かけやすい雰囲気の人ではあるとは思うけれど。

そのうち、あまりにも間違えられるので、店員じゃないことを説明するのがもう面倒になってきて、適当に返事したりしたそうです。
相手の方、感謝していたそうですが…。

ご案内が間違ってたらごめんなさい。
代わってお詫び申し上げます。

でも、父ちゃん、手芸用品とはまったく無縁な人なんです。
[PR]
by ts-kabakichi | 2008-10-12 00:45 | 父ちゃん

白馬

9月に白馬に行ってきました。

金曜日に予約して土日で一泊という、急な旅行でした。

父ちゃんが予約してくれたのですが、なぜ白馬なのかというとですね、父ちゃんがかねてから行きたいと思っているバイキングプラン付きの軽井沢のホテルが満室で、同系列の白馬のホテルにしたのでした。

バイキングのために白馬…。
遠いんですけど。


さて、3連休の初日ということもあって、高速は渋滞。
八王子の先まで中央道は渋滞していたので、ナビの指示に従って裏道を行くことにしました。

陣馬山を越える、陣馬街道という道を行きました。
中央道の渋滞が信じられないくらい、こちらはすいております♪
もう、車なんてほとんどいなくて、ハイキングで歩いている人のほうが多いという状況。

つまり、車はほとんど通らない道なわけです。

正直言って、私は二度と通りたくないと思いました。
峠道大好きな父ちゃんは楽しかったようですが。

私の経験上、日本一の秘境だと思っている紀伊半島の熊野の奥辺りの次くらいに秘境でありました…。


でも何とか無事に人里にまた戻り、高速道路にも乗って長野を目指しました。


どんどん走って、白馬に入り、栂池高原に寄りました。

ゴンドラを乗り継いで山の上まで行きますが、天気があまりよくないのでどんどん雲の中に入っていく常態。
眺望がきかず、残念でした。
a0076428_08247.jpg
チビも歩いて散策いたします。


a0076428_085626.jpg
木道が整備されている野草園。途中で雨が降り出し引き返しました。


a0076428_091468.jpg
花がたくさん咲いていました。
天気がいいと見事な景色だろうなあ…。



さて、ホテルに向かいます。
またもや「これでいいのか?」と不安になる、狭くて曲がりくねった道を抜けていくと、その先に、忽然とホテルが現れました。
林の中にこの建物、結構びっくりします。
なんだか別世界のようですね。

a0076428_09385.jpg

建物は立派でしたが、食事はバイキングなので、なんだかみんなあわただしかったです。
色々なもの食べられて楽しいんですが、落ち着かなかったです。
年とったなー、私たちも。





翌日は、八方尾根へ。

やっぱり曇り。

a0076428_095744.jpg

雲のほんの少しの切れ間に、ちょっとだけ山が顔を見せてくれました。

中央の建物は、長野オリンピックの女子ダウンヒルのスタート地点の建物です。
オリンピックのマークがついています。


a0076428_0102113.jpg

こちらは、リフトにも乗ります。
チビはおんぶして。
なかなか絶景でありました。
[PR]
by ts-kabakichi | 2008-10-07 00:10 | おでかけ