今日はどこへ行くの?

kkabakichi.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

募金

兄ちゃん、5年生になったので委員会活動に参加することになりました。

環境委員だそうです。
最初?の仕事は、朝に緑の羽募金を集める係。

その日から募金受付だと言うので、子どもたちには10円ずつ持たせました。
学校からは特に手紙などはなく、子どもたちが口頭でいつも伝えてきます。
手書きのポスターも下駄箱に貼ってありました。


さて、ムスメ。
「お兄ちゃんが1年3組のところに緑の募金に来てた。お金入れる箱持ってる人と、お兄ちゃんがいて、お兄ちゃんが羽くれたよ。これ、シールで名札にはるんだって。」
と、緑の羽根を持って帰ってきました。
最近の羽は針じゃなくて、裏にシールがついています。

「そう~、すぐ名札にはればよかったのに。」
「えっとね、今日は名札忘れていったの。」

あ、母ちゃんも忘れてました。ごめんごめん。


兄ちゃんも帰ってきました。

募金どうたった?と聞くと、

兄「僕のところ、たった15円しか集まらなかったよ~。最初の日だからみんな忘れてたみたい。」
母「あららー。ずいぶん少なかったね。」
兄「あー、忘れた、明日持ってこようって子はたくさんいたよ。だから明日はたくさん集まると思うよ。」

兄ちゃん前向きだなー。いいことだ。

ところで…

母「あれ、15円って、10円は妹の分?」
兄「うん、そう。」

うーん、兄妹間で募金していたのか。
ムスメが10円持ってなかったら、5円だったんだ。。。


そういや、兄ちゃんの10円はどこへ?
また別の委員のところに募金したのでしょうね。

内輪で募金なのね。
[PR]
by ts-kabakichi | 2009-04-29 00:56 | 兄ちゃん

ゴミのゆくえ

私の住んでいる市では、粗大ゴミは収集日の3日前までに粗大ゴミ受付センターに電話などで申し込みをして、その大きさに合わせて指定される金額のゴミ処理券を買って来て、粗大ゴミ受付センターから指定された番号を書いて貼り付けて、2週間に一度の指定の日の指定の時間までに指定の場所に出すことになっています。

つまり、結構面倒なわけです。

昨日、古くなった大き目のお鍋をひとつ粗大ゴミに出しました。
もちろん、全ての処理はきちんと守り、朝も指定時間の一時間ちょっと前に出しました。
あまり早く出しても、市以外の業者が持って行ってしまうことも多いので、それなりに気をつかって。

なのに、今朝見たら、私の出したお鍋がそのまま置いてあるではありませんか。

仕方ないので、粗大ゴミ受付センターにまた電話しました。
電話に出たお姉さんは、すぐに調べてくれて、確かに昨日の収集で鍋をひとつ承っていると。
そして、回収されなかったことをお詫びし、調べますと言って電話を保留にし誰かに相談しに行ったもよう。
2~3分待たされました。

待たせるくらいなら、「お調べしてこちらからお電話いたします。」というのが普通なのになあ、と思いながらも仕方ないので受話器をずっと耳に当てて待っていました。
その間、ごみ収集カレンダーを眺めていたら、今日は隣の地区の粗大ゴミの収集日なので、このついでにでも持って行ってくれるのかなあ、その段取りでもしているのかな、とぼんやり考えたり。


さて、しばらくして戻ってきたお姉さん
「回収されていない件について、ご連絡いただきありがとうございます。まことに申し訳ありません。つきましては新しい番号を発行いたします。次の収集日は5月11日月曜日です。」

ちょっと待て。
それじゃあ私が出し忘れちゃったかのような対応ではありませんか?
とさすがにむっとしたので、

「ちゃんと指定どおり出したのに、回収していただけなかったゴミを家に持ち帰って、またあらためて2週間後に出さなくてはいけないんですか?」
と聞きました。

すると、またちょっと待たされました。

再び戻ってきたお姉さん、
「担当の業者をご紹介いたしますので、そちらにご相談ください。」
と。

そーいう変化球が来るとは、まったく、予想してませんでした。
で、あきれた私、「私が、直接業者に電話して話さなくてはいけないんでしょうか?」と言いましたわ。

またまた、お姉さん誰かに相談。
さっきよりちょっと間があったあと、

「大変申し訳ありません。ご都合のいい日時をお知らせいただければ、生活環境事業所から引き取りに伺わせていただきます。」

何なのだ、この対応のめまぐるしい変遷は。

まあね、ゴミと言っても、たんすやベッドなんかの大物を出したわけではないから、持ち帰ることは別にかまわないけど(邪魔だけど)、回収し忘れた業者に連絡して、即座に取りに行かせるってのが普通じゃないのかなあ。
役所と業者との関係はそんなにややこしいのか?
それとも、生活環境事業所が業者に指示出し忘れたのか?

まあ、回収し忘れってあまりない事例なんだろうけれど(たぶん)、
「うるさいおばさんだなあ。業者に確認したり、取りに行かせるのも面倒だし、こっちで直接取りにいくよ。相手の都合聞いといて。」とかって「上の人」が適当に言ったんだろうなあ~。
そういう場合もあるんだろうから、きちんと対応できるようにしておけばいいのに。

使い古した鍋ひとつを、直接「生活環境事業所」の方に来ていただいて手渡すのもかえって面倒だし、また2週間後に出すことで「お願い」させていただきましたが、一体どうなってるんだ?という対応に、神経逆なでされてしまいました。

まったくもう~
[PR]
by ts-kabakichi | 2009-04-28 13:30 | 日常

残念なこと

毎日、夕方5時20分頃になると、うちの近くにお豆腐やさんの車がやってきます。

公園の帰りがけに見かけて、買っていた近所の方に「お豆腐、おいしいよ。」と教えてもらって買ったのが始まり。
チビがうまれるよりもずいぶん前から。

ピープーピー
というラッパの音を聞きつけて、たまに買いに行きます。
ラッパは、録音テープじゃなくて、おじさんのライブ演奏。

おとうふや油揚げのほか、野菜、パンなど色々売っていて、買い物に行きそびれたときなどに、とても助かります。
その場でついてくれるところてんは、兄ちゃんの大好物。
いつも、子どもたちの人数分のアメやガムもサービスで袋に入れてくれて、子どもたちも楽しみに。
なお、わが家のお気に入りは厚揚げ。行くたびにいつも買っています。
これを朝ごはんのときにフライパンできつね色に焼いて、おしょうゆたらして食べるのが大好きです。
0円のおからも、おいしいです。
スーパーの厚揚げやおからとは味がぜんぜん違うよね、と父ちゃんもいつも言っています。

そんな頼りになるお豆腐やさんが、今週いっぱいで車での販売はお休みします、と、今日行ったときに聞きました。
お店だけの販売にするそうです。
このご時勢、なかなか厳しいのだそうです。

お店が近くにあるので、厚揚げも買いにいけますが、毎日いつでも買いにいけたお豆腐やさんの車が来なくなるのは、とてもさびしいです。

私はマンションに住んでいるので、近くの一戸建ての方とはなかなか知り合う機会もなかったのですが、ここで顔見知りの方もできました。
近所のスーパーからの帰りにたまたま一緒になったときに、チビを抱えた私を見かねて、荷物を持ってくださったり、子どもたちの成長を一緒に喜んでくださったり。
お豆腐やさんのおじさんも、すれ違うと車の中から手をふってくれたり。

そんなちょっとした、でもあたたかいつながりが、お豆腐やさんでの出会いのおかげだったのですね。


当たり前の日常だったことが終わってしまうのって、本当にさびしいです。


当たり前のことが当たり前であり続けることって、むずかしいことなのかもしれません。
[PR]
by ts-kabakichi | 2009-04-27 22:25 | 日常

チビのことば

チビ、1歳10ヶ月になりました。

こちらの言うことはよく理解しているし、「おおー!」とかよくしゃべってますが、まだあまりはっきりした単語は出てきません。

兄ちゃんは確か1歳半を過ぎた頃から、電車の名前を言い分けてました。ごっきー(500系)、ばんきー(300系)、あばんなー(アーバンライナー)、いしまいなー(伊勢志摩ライナー)とか。
ムスメは…詳しくは忘れましたが、何だかよくしゃべってました。
「にーたん」とか。

チビはそれに比べると、単語数はすくないです。
でもね、その分、チビにとって何が重要なのかがわかって面白いです。

現在のチビの言葉集。

1.乗り物
ぴーぽー (救急車、パトカー、消防車)
でんしゃ
ぶーぶー
ひこっき (飛行機)
じてんちゃ (自転車)

2.食べ物
ぱん
にんじん (好きな食べ物全般。魚なども…。)
おにぎ (おにぎり)
ばな (バナナ)
はし (箸…自分だけフォークは嫌だったようで言うように)

3.遊び
ぼーる
ばんばん (おもちゃのピストル持って、撃つまねして)
えーじ (向かいに住むムスメの友だち。ベランダから名前を呼んでいる。)

4.どうぶつ
わんわん
きりん

5.訴え
ごん! (どこかにぶつけたときに)
あっちー (熱い!)
こっち  (こっちきて)
ばいばい
ちっち (おしっこ)


1歳児の頭の中、こんな感じです。

おもしろいなー。

a0076428_19263.jpg

大好きな「おにぎ」を食べるチビ
[PR]
by ts-kabakichi | 2009-04-23 01:06 | チビ

学校の委員

兄ちゃんとムスメの通う小学校では、秋にPTA主催のお祭りがあります。

私は兄ちゃんで3回これに関わってきました。
委員だったり、係だったり。

なお、学校って、「委員」と名のつくものは1人の子どもにつき最低1回は引き受けなくてはなりません。
しかし、高学年になるとほとんど全員が経験してしまうため、2回目が回ってくる可能性があります。
そうなる前に、と、兄ちゃんの方では去年2回目も終わらせてしまいました。

チビもいるしどうかなあ、と思っていたのに、引き受けてしまったのはですね、ちょうど去年の委員決めの日はムスメの幼稚園のクラス役員決めと重なっていて、幼稚園の役員決めが難航。
私は、みんなが引き受けないで下向いて、固まっている雰囲気が苦手なんです。
でも、幼稚園では下の子がいる私は引き受けるわけには行かない。

でも引き受けてくれる方がやっと出て、次は学校の委員決めへ。

そしたら、ちょうど学年委員と祭り委員の引き受け手がなくて、また進行が停止している状態。
幼稚園の方でなかなか決まらなかったイライラ?感を引きずっていたもので、ちょうど隣にいた2年生のときのわいわいスタッフ仲間だった友だちと、「やっとく?」とすぐに話がまとまり、教室に入って3分後には、祭り委員に手を上げていたのでした。

で、今年。

ムスメのクラスで、なぜかまた祭り委員が決まりませんでした。
ほかのクラスは希望者が多くてジャンケンになったらしいのですが。

またまた決まらない雰囲気の中、議事進行に来ていたPTA3役(友だち)が、「かばきちさん、経験もあるしどうですか?」とお声を。(T_T)
そういうの、断れないのよ~。(>_<)

どうやら、学校の祭りにとりつかれていいるとしか思えません。


ということで、今年もムスメの学年の祭り委員として、関わっていくことになりました。

あーあ。
[PR]
by ts-kabakichi | 2009-04-21 08:40 | 子育て活動

動物がいっぱい

入学式のちょっと前に、富士サファリパークに行ってきました。
友だちから、2人分の招待券をいただいたので♪。

午後から天気が崩れるだろうという予報だったのですが、道中、またきれいに富士山が見えていました。
道を曲がってぱーっと富士山が見えてくると、一気にテンション上がります。
a0076428_22275528.jpg


だんだん雲が出てきて、すそ野についた頃には、頭にカサをかぶっていました。
a0076428_22282418.jpg




さて、サファリパークはたぶん3回目。

今回は、ウォーキングサファリという、歩いて回るコースにチャレンジしてみました。
2.5キロくらいの行程ですが、舗装していない山の中の遊歩道という感じのところなのでベビーカーは使えず、チビもほとんど歩きとおしました。
そろそろ2歳とは言え、まだ1歳児。よくがんばりました。


さて、探検隊が始めに見つけたのは…

母ちゃん、ライオンがいる!!

a0076428_22265680.jpg



巨大ミミズも発見いたしました!!
ひとまず、つついてみます!

a0076428_22322836.jpg



トラに夢中で柵によじ登って離れないチビ。

a0076428_22313966.jpg



ライオンにえさやりなんてのもできます。2回で100円。
a0076428_22333228.jpg




動物もたくさんいますが、車もたくさんいます。
a0076428_2236753.jpg

きりんのエサやりもできます。こちらは無料。
チビの手にも葉っぱのついた枝を持たせたのですが、大きなきりんがぬーっと寄ってきたので、びっくりして枝を放り出して逃げました。


キリン、葉っぱがなくなって、柵にくわえついております。
a0076428_22364490.jpg



びっくりして逃げたチビですが、キリンが気に入ったようで、このあともしばらくキリンを眺めていました。

で、「きりん」と言えるように。
印象が強かったから、覚えたのね。


そんなお気に入りのキリン、その後車で回ったときも近くに寄って来てくれたのですが、チビはすでに熟睡してしまっていたのでありました…。
ウォーキングサファリを終え、お昼ごはん食べて、小動物コーナーで遊んだあとだから、仕方ありませんでした。
a0076428_22403230.jpg






※おまけ※

地元で新聞折込で入ってくるフリーペーパーについていた、高速道路サービスエリア・パーキングエリアお土産試食券(かけらじゃなくて、一個もらえる!)というのを持っていって、ちょこちょこと立ち寄って、もらってきました。
試食どころか、結構な量になってびっくりしました。

a0076428_22523042.jpg

[PR]
by ts-kabakichi | 2009-04-16 22:54 | おでかけ

1年生の日常

小学校に通い始めたムスメ、朝は兄ちゃんの引率で、同じマンションの1年生の女の子仲間2名とでかけて行きます。
兄ちゃん、本当は1人でさっさと行きたいところですが、まだまだ頼りない1年生の面倒を見てもらわなくちゃならないので、3人を引き連れて登校しております。
まあ、慣れてきたら1年生は1年生で行けるようになるでしょうが、ここは兄の出番であります。

兄ちゃんも大きくなったもんだなあ、と思います。
ついこの間入学したような気でいたのに。


さて、昨日からは待望の給食も開始。
初日はカレー。

ムスメは帰ってくるなり給食の話題でした。
「今日の給食おかわりしたよー♪」と。

いきなりそう来ましたか…。

でも、兄ちゃんが「おかわり帝王」で、いつも何をおかわりしたか、という話ばかりしてるので、妹は「給食」=「はやく食べておかわりするもの」と思っているのかもしれません。

今日も全てのメニューをおかわりしたそうで、メインのチキンのバーベキューソース、スープ、フルーツポンチまで。
高学年はおかわり分のチキンなんて残っていなかったようで、余分には食べられなかった兄ちゃんが相当にショックを受けていました。


それと、体育の話では、
「校庭ののぼり棒、上まで登れたの、クラスで私だけだったよ~。」とのこと。

そりゃそうでしょう。
幼稚園バスがついたあと、毎日標識の柱を登って自主トレーニングを積んできていましたから。
a0076428_21381010.jpg
(幼稚園年中のころ、兄ちゃんのランドセル背負っても登っていたムスメ。負荷訓練?)

ああ、やっぱりスカート姿のかわいらしい女の子、と言うのとはちょっと違うムスメであります。
スカートは大好きなんだけど…。
[PR]
by ts-kabakichi | 2009-04-14 21:41 | ムスメ

ムスメの入学

先週、ムスメが小学校に入学しました。

今年は、遅れて咲いた桜が入学式の頃に満開で、桜の下での入学式でした。
a0076428_5271218.jpg
学校に行く途中の公園でチビと。



a0076428_5274753.jpg
小学校の校門の横の桜も満開。

さて、ムスメ、小学校のすぐ近くの幼稚園に通っていたので、同じ幼稚園から学年の3分の1くらいが入学。
席についたら友だちが両隣にいたりと、楽しそうでした。

彼女は今年5年生の兄ちゃんの用事で学校にはよく来ていました。
私がクラスの委員や係で学校にくることも多かったので、2年間くらいはしょっちゅう一緒に来てたし。
だから、学校という場所には慣れていて、親もちょっと安心です。

でも、緊張感なさすぎで、先生の説明のときに大あくびしていたのは、どうなんだろう…(^^;)


そして、張り切ってかわいいスカートでおめかししたというのに、外に出たら、もと同じクラスのサッカー仲間の男の子と追いかけっこして走り回っていました。
a0076428_5294972.jpg

おかげで、この子たち、胸に着けてもらったバラの花もいつの間にか「おめでとう」のリボンが取れたり、本体ごとなくなってたり…。

このあとも、ブロック塀によじのぼったり、柵の上に座っていたりと、あいかわらずのおてんばぶりでありました。

通学は、ズボンだな…。ムスメ。



さて、入学式の帰りに卒園したばかりの幼稚園に遊びに行きました。
担任の先生と記念撮影。

a0076428_5391311.jpg


いろいろこなして、帰宅。
すっかりお腹がすいて、ヨレヨレの一年生です。

a0076428_5385842.jpg
ランドセルにつけているのは、幼稚園の先生手作りのお守りです。
中には先生のメッセージが入っています。何かとても困ったことがあったときに、あけて見てね、と。
本当に、「お守り」ですね。
ムスメは、何より先にこれをランドセルにつけていました。



これはお友だち一家からいただいた、お祝いのお花。
a0076428_5401365.jpg
お花をいただくってうれしいですね。
どうもありがとうございます。(^^)


今後も、無事に小学生生活を送れますように。


私は忘れ物をさせないようにがんばらなくちゃ。

…兄ちゃんにも。(^^;)
[PR]
by ts-kabakichi | 2009-04-12 05:45 | ムスメ

富士山のふもと

春休み、富士山のふもとへと出かけてきました。
a0076428_226226.jpg
よく晴れて、きれいな富士山を間近に見ることができました。
いつもは、てっぺんだけなので、大きな富士山は迫力があります。

キャンプ場の小さなコテージに泊まりました。
ロフト風の2段ベッドがあって、子どもたちは大喜び。
小さいけれど、キッチンや外にはテラスもあって、使い勝手もよくて楽しかったです。
a0076428_2274236.jpg


兄ちゃんとムスメは、焚きつけにすると、せっせと枝を集めてきました。チビは見学。
a0076428_2281586.jpg



昼間はそこそこあったかいのですが、夜は氷点下の冷え込み。
澄んだ空で、星がきれいでした。

明け方、外に出て眺めたら、もう夏の大三角形ものぼってきていて、寒いけれど春なんだなあと思いました。、






a0076428_229188.jpg
これはキャンプ場に来る途中、立ち寄ったうどんやさんの駐車場の裏の原っぱで見つけたつくし。
たくさん生えていたので、大喜びでつんできました。


a0076428_229364.jpg
もちろん、食べます。卵があったので、卵とじに。おいしくいただきました。

三重にいた頃は、家の近くの土手に生えていたので、幼稚園に兄ちゃんを送った帰りがけに、よく隣りの友人とつんだものでした。
まだ傘の開いていない食べごろのつくしを見ると、もったいなくてついたくさん。
はかまを取るのが大変なのですが。

北海道ではあまりつくしがなくて、食べたことがなかったのですが、このときに卵とじやつくしご飯など、その友人に教えてもらって作ったのでした。


キャンプ場には2泊したので、まわりの洞窟などに行って遊びました。

探検する兄ちゃん。

a0076428_2295228.jpg

[PR]
by ts-kabakichi | 2009-04-07 02:37 | おでかけ