今日はどこへ行くの?

kkabakichi.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

札幌駅

a0076428_10395494.jpg

兄ちゃんとムスメ、冬休みに入り、昨日からスキースクールに行っています。
今年初めて参加のムスメは、「むずかしかったよ〜。」とのこと。
兄ちゃんはいきなり急斜面だったそう(本人談)。

今日は、スキーの間にチビと私の実家にちょっと行こうと札幌駅に。

色々な電車がいるので、チビ大喜び。
高校から10年以上通った札幌駅、ディーゼルのエンジン音や油煙の臭いも懐かしいです。

それにしても、電車の種類の豊富さがすごいなー。


写真は旭川行き特急スーパーカムイとチビ。
名前がかっこいいです。
[PR]
by ts-kabakichi | 2009-12-27 10:39 | おでかけ

餅つき大会

日曜日、自治会の餅つき大会がありました。
今まで同じ町内に住んでいたのですが、地区の自治会が無くて残念ながら自治会活動には無縁でしたが、今住んでいるのは町内の大部分をしめる55棟からなる巨大マンションで、ここには歴史ある自治会があるので、いろいろな活動があるのです。
正直言って非常にびっくりしています。
こんな活動的なコミュニティがすぐ近くにあったとは!です。

さて、父ちゃんも朝7時から、会場となる公園での設営の手伝いに。
事前に3回にわたって行われた公園の落葉清掃に1回参加したムスメも張り切って一緒に出かけて行きました。(先日ムスメがまだ寝ていたので私1人で行ったら、行きたかったと泣いちゃったのだ。)
父ちゃんは設営で2時間の手伝いの予定だったのですが、以前から顔見知りの方に「今日は通しでいて、流れを見ていてね♪」と言われたそうです。
地域行事の伝承ですね。

さてさて、今回ついた餅は、もち米にして250キロ!
4基のかまどで米を蒸し上げ、4つの臼でひたすらついて、そしてテントの中で待ち受ける「まるめ手」のもとに運ばれ、どんどん丸められ、パックされていきます。
自治会の家庭1件につきお餅6つ入りのパックが1つもらえるので、すごい分量です。

a0076428_22453030.jpg
いつもの公園にならぶ、湯気を上げるかまど。
壮観です。


餅つき初めての父ちゃんもいろいろ教えてもらっていました。
詳しい方がたくさんいて、ビギナーにもわかりやすく伝えてくれるのです。


a0076428_2246526.jpg


お餅のほか、おしること豚汁もふるまわれ、自分のお椀持って並んでよそってもらうのがまた楽しかったです。
綿菓子や焼き芋、お花のコーナーもあり、ムスメなんて朝7時から午後1時までずっと公園で遊んで過ごしていました。



a0076428_22471183.jpg
最後の方は少し余裕が出てきて、子どもたちも杵を持たせてもらって餅つきしました。
子ども用の小さい杵もちゃんとあります。
チビも挑戦。
杵持ってるだけでしたが、満足したよう。


いただいて帰ったお餅も、家でさっそくしょうゆ付けて海苔を巻いて食べました。
つきたてのお餅、本当においしかったですよ~♪
[PR]
by ts-kabakichi | 2009-12-21 22:54 | 食べ物

おんぶひも その2

おんぶひもについてですが、最近、体に負担のかからない楽なリュックタイプのものに人気が出てきて、ずいぶん街でも見かけるようになりました。
幅広のウェストベルトもついていて、腰でも支えられるもので、登山用のリュックのような構造のもので、このおかげで、おんぶする人が増えたのは何より♪


しかし、気になる点がいくつか。
(マニアだから気になります)


1・どのくらいの子に向いているか。

もともとが海外製品なので、日本人の体にはちょっと大きすぎます。
お母さんにも、赤ちゃんにも。
身長157センチの私が使って、肩ひもなんて、調整部分があと5センチあるかどうか?というくらい縮めて使っています。30センチ以上がぶらぶらしていて、けっこう邪魔。
新生児からも使えるということにはなっていますが、赤ちゃんの背当てになる部分が大きすぎて、使えないことはないのですが、0歳児にはちょっと大きすぎる感じです。私は1歳くらいからに適したものだと思っています。
韓国のメーカーの商品もあって、こちらはちょっと小さめに出来ていて、こちらの方が東洋人向きかな、と思います。
でも、こちらにしても実際にこの商品を輸入されている方も、あまり赤ちゃんが小さいうちにはおすすめ出来ないとおっしゃっていました。


2.おんぶの位置

パッケージの写真などを見ると、西洋人のお母さんが腰のちょっと低い位置にウェストベルトを巻いている写真が出ているせいか、街中でもウェストベルトを腰の位置で巻いて、赤ちゃんもずいぶん低い位置でだっこやおんぶしている人も見かけるのですが、高い位置でだっこやおんぶした方が赤ちゃんもお母さんも楽なのにな~と私は思っています。
私は、ウェスト位置でベルトして、腰骨の上の方にのせて支えるような感じにすると楽です。
最初、ちょっと低めの位置にしたら、もともとある腰痛がすぐに出そうになったので、あわてて上の位置に直したら何でもなくなりました。
骨盤を締めることになったのがいけなかったようです。
ついでに肩ひももきつめにして、子どもは背中に密着するようにします。

これは私の推測なのですが、日本人って、西洋人にくらべると結構ウェストがくびれてるんですよね。
以前、ヨーロッパからそのまま入ってきたスーツを買ったら、スカートがヒップはちょうど良くてもウェストがずんどうすぎて、直さなくては着ることが出来ず、東洋人と西洋人の体系の違いにびっくりしたことがありました。

だから、おんぶひもにしても、腰回りがあまり大きくない日本人体系にあった付け方の方が楽なんじゃないかなあと。


登山用リュックが元になっているということですが、登山の場合って、荷物の重心は上に持ってくるはず。
だから、子どもを背負う場合も、重心はなるべく上に持って行った方が、体への負担は少ないはずなんだけどなあ。


なお、女子中学生か高校生のリュックか?というくらい下に子どもがぶら下がっているおんぶを見たことがあります。
赤ちゃん、下の方でぶらぶらしていて、びっくりしました。
[PR]
by ts-kabakichi | 2009-12-14 23:09 | 子育て活動

おんぶひも

私はおんぶひも&だっこひものマニアです。

兄ちゃんのときに最初に買った抱っこ・おんぶ用のひものあまりの使えなさに、自作したものを使っていました。
その後、ムスメ・チビの育児に至って、必要で買い足したり、作ったりで結構な数になりました。
これを生かさない手はない?と、去年の子育てフェスタで「だっこ・おんぶひも体験会」をしてみたところ、お母さんだけではなくお父さんも熱心に体験してくれていました。

その前に子育て支援センターでも体験会したり、私が手伝っている地元の赤ちゃんサロンでも行ったりと何回か。

今日は隣の区まで出張?で行ってきました。
これから出産を迎えるパパママの講座だったのですが、パパたちもとても熱心でした。
なんだか嬉しくなる風景ですね。

だっこやおんぶって、子どもを育てるうえでは欠かせないもの。
だから、みんな興味があるのですよね。


でも、育児用品って高額な割に結構使えないものが多いのです。
私も最初に書いたように、騙されました。

特に、長期間使えるとうたっているものは、怪しいと思った方がいいと経験上思います。

だって、あかちゃんって3000グラムくらいで生まれるのに、半年後には体重が倍に、1年たったら立って歩く子になってしまうのに、それを一つで使いまわすのには無理があるのです。

でも、子ども用品って使う期間が短いし、出来れば一つで済ませたい、と思うのも当然。

そんな気持ちにこたえた商品がたくさんあるのですが、まさに帯に短したすきに長しで、結局使い勝手を犠牲にしてしまってるのです。

そんなのに疑問を持って、じゃあ何が使いやすいのか?と追及した結果が膨大なコレクションの数々。
兄ちゃんのときのさらしの腹帯を利用したおんぶひもやら、おんぶ用ケープなど自作したものもかなりあります。
なお、私は何でも納得できないと気が済まない性格なので、育児用品については、ほかにもかなり研究?したので詳しいです。


で、私なりの結論は、
まずは新生児期から使えるものを一つ買う。(スリングか縦抱きのもの)
その後、重くなったときに次を考える。
というもの。

それからあるといいのが、昔ながらのひも式のおんぶひも。
前がバッテンになり、胸が強調されてしまうので、外出には向きませんが、家事や非常用に使えると思います。

それと、おしゃれではないのですが、ママコートもおすすめ。
抱っこにもおんぶにも使えるものが出ているので、一枚あると、親子ともどもとてもあたたかな冬を過ごすことが出来ます。

チビは2歳半になりましたが、ちょっとその辺までなら、私いまだに寒い日はおんぶ紐の上から兄ちゃんのときから愛用のママコート着て出かけています。
[PR]
by ts-kabakichi | 2009-12-12 19:30 | 子育て活動

反抗期

チビ、最近何かと反対のことばかり言います。

母「トイレ行くよ。」
チビ「いかない。」

母「でかけるよ。」
チビ「でかけない。」

母「ご飯食べよう。」
チビ「ごはんたべない。」

母「靴下はこうね。」
チビ「はかない。」

しかし、すべてに反対するわけではないのであります。

母「おやつ食べようか」
チビ「たべる~。わーいわーい。」

母「あそぼうか」
チビ「あそぶ~。」


…チビのくせに、ちゃんと自分の意思を優先しております。
なかなかしたたかです。



それはそうと、もうしゃべるようになっちゃったチビですが、私の中ではまだまだかわいい末っ子。
この先幼稚園に行ったり、小学生になったりなんて考えたくありません。

で、
「チビはこのままなの、小学生になんてならないもん。」
といつものように言っていたら、兄ちゃんに言われました。
「お母さん、ぴの(ムスメ)のときも同じこと言ってたけど、もう一年生だよ。」
(よく覚えてるなー)

悔しいので、チビに聞いてみました。
母「ねえ、ダイ(チビ)もおじさんになるの?」
チビ「なるよ。」
(うっ)
母「ねえ、ダイもひげ生えるの?」
チビ「はえるー。」
(なぜ否定しない!)


母、子どもたちに完敗でありました。






a0076428_193751.jpg

これは最近のチビ。
一人で寝たのですが、枕元にぬいぐるみとか柔らかいものじゃなくて、ミニカー(自分で箱にしまったもの)と恐竜のチラシが置いてあります。枕の上のタオルも自分でかけています。
このタオル、もともと寝る前とかにおっぱい飲むときに私の腕で支える首に汗かくので当てていたもの。
これがあればおっぱいもらえると思っていたようで、よく眠くなると持ってきたものですが、いつの間にか枕カバーになっていました。
小さいなりに、いろいろ考えているようです。
[PR]
by ts-kabakichi | 2009-12-04 19:33 | チビ

歯医者

虫歯の治療に歯医者に行きました。
今回の虫歯は親知らず…。
かなり進行していたので神経を治療したのですが、麻酔がなかなか効かないようでした。
先生いわく
「麻酔が効きにくいようなの。痛いかどうか言ってね。」

あの、かなりスリリングなんですが。

で、やっぱり削ったら痛かったのでぶすぶす追加で注射されました。
でも根本的に効かなかったので、最終的に、神経に注射されました…。

ううう。
[PR]
by ts-kabakichi | 2009-12-01 23:18 | 日常