今日はどこへ行くの?

kkabakichi.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

引っ越し

父ちゃんの転勤で、明日栃木県に引越します。
6年過ごした川崎と、一度お別れです。
(また戻ってくるつもり♪)

しばらくPC使えなくなると思いますので、コメントにすぐにお返事できなくなりますがご了承ください。

宮前区でお世話になった皆さま、どうもありがとうございました。

どうぞ遊びにいらしてくださいね。
[PR]
by ts-kabakichi | 2010-03-28 08:52 | 日常

いいまちがいコレクション

チビ、朝起きると必ず言う一言。
「ぱじゃまきる~」
…もう着てますが。


おやつのどら焼きを食べながら。
「どらえもんたべてるんだ~♪」
…かたそうだし、かわいそうなんですが。


ごはんの用意が出来たら、誰よりも早く席について。
「おなかぽんぽんなの」


ごはんをたらふく食べ終わって、困った顔しながら。
「おなかすいちゃったの」


それから、チビはヘリコプターのことを、「ばんばんりったー」と言います。
この間、外にいた小学生に、
「ねえねえ、いま”ばんばんりったー”いたの、わかった?」と話しかけていました。

わからないと思うぞ…。
[PR]
by ts-kabakichi | 2010-03-21 16:39 | チビ

だっこひもを考える

昨日、子育て支援センターの赤ちゃん広場に呼んでいただき、だっこひもの話をしてきました。
皆さんそれぞれ、今の子どもの月齢とこれから使いやすいものを探していらっしゃいます。
保育園に連れて行ったあと、会社にまた抱っこひもを持っていかなくてはならないので、コンパクトなものを探しているお母さん。
家で家事をするときに使うおんぶひもを探しているお母さん。
いろいろ試着して使い勝手試してもらうと、わかることも多いようで、お手伝いしてくれた友だちと一緒に、いろいろな話をして盛り上がりました。

私も、自分が使ったことのない抱っこひもの感想が聞けて勉強になりました。

私がそろそろ3歳になろうというチビにまだ使っている、エルゴノミックタイプというしっかりした腰ベルトもついているタイプ。
新生児から使えるものも出ていますが、やはり本体が大きいので赤ちゃんが埋もれてしまって使い勝手は今一つとか。なるほどなるほど。


先週は、2回目の参加になる隣の区のワーキングプレママプレパパの講座でもお話してきたのですが、ひとつ言えるのは次のこと。

「長く使えることをうたっている育児用品は、赤ちゃんの著しい成長段階のどの時点にも焦点をぴったり合わせてはいないので、使い勝手を犠牲にしがち。
できることならば、それぞれの時点で使いやすいものを選んで、赤ちゃんが大きくなって使いにくくなったら、また次を考える。」



赤ちゃんって、体重が3キロ、身長が50センチくらいで産まれてくるのに、1年後には身長は20センチ以上、体重だって3倍近くに増えるんです。
そんなに変化が激しいのに、ひとつで済ませるのってなかなか難しい。
産まれたばかりの赤ちゃんに、3歳まで着られる服は着せないですよね。

ほかのものだってそれと同じ。

だっこ・おんぶひももそう。
ベビーカーもそう。
A型ベビーカーなんかも、1歳過ぎるころには取り回しがうまくいかなくなったり、ベビーカー自体が重量級すぎて使い勝手悪くなるので、軽量で簡単なものの方が使い勝手がよくなってきます。

まあ、これも自分が経験して失敗して分かったことなので(^^;)、まだ間に合う方たちには失敗してほしくなくて、伝えております。
[PR]
by ts-kabakichi | 2010-03-19 08:18 | 子育て活動

秘書が…

チビは、都合の悪いことは何でも兄ちゃんや姉ちゃんのせいにします。


ある日、自分が広げっぱなしにしておいた絵本の上に乗ってすってんころりん。
すかさず言いました。
「にいちゃんが~」

…確かに兄ちゃんと一緒に眺めていたけど、出したのは君だろう。


昨日から、カメラのレンズキャップが1つ行方不明なので、チビに聞いてみました。
私「ねえ、これなくしちゃったんだけど、どこにあるか知らない?」
チビ「うーん、これ、なくしちゃった。ねえちゃんがなくした。(きっぱり)」

…おいおい。これをなくしたとき、家にいたのは君だけだったのだが?


どうやら、兄と姉がいつもお互いに責任をなすりつけ合っているのを見て、覚えた様子であります。


みんな!ちゃんと自分のしたことに責任を持とうね!!
(母さんも!)
[PR]
by ts-kabakichi | 2010-03-18 01:12 | チビ

子どもだらけ

月曜日は4時間授業で学校が早く終わるので、子どもたちは放課後にたっぷり遊べます。

今日はムスメのところに友だちが続々と。
約束していた4人のほかに、突撃隊も2人。
小学校の同じクラスの子たちが最大で7人うちにいました。
32人のうちの7人って結構な割合です。

家の中で遊んだり、庭に出て遊んだり、庭から脱出して緑地帯で鬼ごっこしたり。(見えないので聞こえてくる声で判断。)
チビは大はしゃぎで、自分のおもちゃ持って小学生の輪に入り込んでいました。(途中で締め出しくらったけど。)
兄ちゃんは、別なともだちの家に避難。

1年生だけど、ちゃんと習い事の時間や自分が帰る時間になると、それぞれきちんと帰って行って、感心感心。


さて、みんなが帰った後で、兄ちゃんが言いました。
「ねえお母さん、子どもがたくさん来ると、台風が来たみたいだねー。」
ムスメも
「そうだよねえ」と。

おいおい、自分たちだけだったら散らかしたり騒いだりしないのか?

それは母さんのセリフです。
[PR]
by ts-kabakichi | 2010-03-15 22:33 | ムスメ

朝の目覚め

数日前には雪が降ったりもしましたが、ぐんぐん春めいてきました。

ここのところ、朝はうぐいすの声で目が覚めます。
うちの庭続きの緑地帯にいるらしく、一日あちこちでさえずっています。
まだ修行中のうぐいすらしく、若干歌声にばらつきがありますが、こんなさわやかな目覚めはなかなか無いです。

うーん、春だなあ。

兄ちゃんも、昨日学校に行く途中に、そのうぐいす見たそうです。


写真撮ってみたけど、なかなか表側には姿を現さないくせに、ちょこちょこ動き回るので、こんな感じにしかなりませんでした。
わかります?
a0076428_8563524.jpg





a0076428_8574912.jpg
こちらは、あんずの枝のメジロ。



a0076428_8583526.jpg
庭の大木にもたくさんお客さんが来ます。


いろいろな鳥でにぎやかです。
[PR]
by ts-kabakichi | 2010-03-12 08:59 | 日常

がっこうにいきたい

チビ、よく「がっこうにいく」と言ってでかけようとしております。
朝、兄ちゃんも姉ちゃんもランドセル背負って出かけていくので、自分も行って当然だと思っている様子。

これがチビの「べんきょう」の道具。
a0076428_1093257.jpg
自治会のクリスマスプレゼントでもらった文房具セットです。

なお、ムスメか兄ちゃんが学校でもらってきた、「ひとりで悩まず電話してね」のカードまで入っております。
準備万端です…。

a0076428_10115446.jpg



入学通知が来るまで、まだ4年くらいあるんだけどね…。

まあ、ひとまず今日は懇談会で放課後は学校に行くので喜んでいます。


ほかにも、ムスメが友だちと遊びに行くのも真似をして
「ぼくもともだちいくの~」
と言って、かばんにシールなどを詰め込んだものを持って出かけようとします。
(それは小学生の女の子の持ち物なんだが…)

お姉ちゃんのいる男の子って面白いです、


ところで、一番上の写真の片隅に写っている風船、最初はガスが入っていて浮かんでいたものですが、縮んでしまったら何だか形が兄ちゃんの頭っぽかったので、顔描いてみました。

a0076428_10153631.jpg

[PR]
by ts-kabakichi | 2010-03-09 10:17 | チビ

剣道

兄ちゃんは、小学校2年生から、近くの宮前警察署の道場で剣道を習っております。

週一回木曜日の夕方だけの練習というのは多い方ではありませんが、みんな楽しく稽古に来ているのがいいなあと思います。
学年関係なくいろいろおしゃべりしたり。


さて、剣道をしている子って少ないと思うのですが、これまで眺めてきて、私は小学生の男の子にはなかなかぴったりのスポーツだと思っています。


理由その1
「大きい声を出す」
→ 日常生活で大声ってなかなか出せないので、大きな声を出すのってエネルギーの発散になると思います。
 しかも思い切り棒を振り回せるし。(適当に振るわけではありませんが)


理由その2
「痛みがわかる」
→ 剣道は防具はつけていても、かなりまともに打ち合います。
スポーツの中でもかなり痛い部類だと思いますが、痛さを自分で分かっている分、剣道をしている子って、その技?を、面も付けていない他人に向けることってないんですよね。
 兄ちゃん、学校でほうきでチャンバラしていたとき、「本当に剣道やってるの?」と友だちに言われたそうですが、まさか竹刀で打ち込むようなことは出来ないよーと。
 自分が何かしたとき、相手がどんな痛みを感じるのか、ちゃんと知っておくことは大事だと思うのです。    
 もちろん想像力を働かせればいいことなのですが、身をもって知ることはなかなか効果的です。


理由その3
「先生が厳しい」
→ 絶対的に怖い存在の先生がいるって、いいことです。
遅刻したりするとがっつり叱られるので、うっかり雪遊びしていて帰宅がとんでもなく遅くなった日、兄ちゃんはかなり深刻な顔で道場に向かいました…。
私が言わなくても、自分で何がまずいのか、よーくわかっているのでありました。ふふふ。
(あ、先生には親もよく説教されます…)


そんなこんなで剣道はじめて4年、最初は体が小さくて、長い竹刀を扱いきれず、うまく振れなかった兄ちゃんも、最近はなんとか扱えるようになってきたのを見て、母も成長を感じるのでありました。
気付けば道着もすっかり小さくなっていたし。

子どもって、どんどん大きくなるなあ。
[PR]
by ts-kabakichi | 2010-03-08 02:11 | 兄ちゃん

ふくわらい

チビが、ポケモンのふくわらいで遊んでいました。

父ちゃんが手伝おうとしたのに迷惑がり、
自分でしたいようだったので、一人でするのにまかせておきました。


すると、ピカチュウがこんなことに。

a0076428_201875.jpg


母、爆笑です。


この裏面に、別のちょっと悪役っぽいキャラクターのバージョンがあって、そっちの顔パーツを使ったようです。

あんまり私が笑ったので、チビ、即座に片付けてしまいました。
ごめんよ~。
だっておかしいんだもん。
[PR]
by ts-kabakichi | 2010-03-01 02:02 | チビ