今日はどこへ行くの?

kkabakichi.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

子どもたちについて思うこと

今回は、長くなりますが、震災後ずっと思っていることの一部を書きます。


3月11日の震災の直後から、震度5強だった私の住むところは停電し、テレビなどを見ることはできなかった。
だから、リアルタイムでの津波の映像も見ていない。
耳から聞こえる情報だけだったし、そのときのラジオは被害の状況をそれほど詳しくは伝えていなかったと思うので、どれほどひどいものであったのか、その時点では想像がつかなかった。
私自身も、余震がひどく、暗い中でご飯を食べたりと落ち着かない状況で、余裕もなかった。
どんなニュースが流れていたのか、あまり耳にも入ってこなかったのだろう。


夜も余震が続いたが、おきていても仕方ないので、早めに子どもたちと布団に入った。
暗い中で枕元にいつでも手が届くところに電池式ランタンをおき、ラジオだけはつけっぱなしにして寝ていたが、眠れない。ようやく寝付いたようだが、浅い眠りを破るように、深夜のラジオから聞こえてきたニュースが今でも頭から離れない。
それは、
「福島第一原子力発電所で停電のため、冷却機能が失われた。」
というニュースだった。

そのとき、とにかく「これはまずいことになった」と、どきりとした。

その後の水素爆発などは、本当に信じられない思いでテレビの映像を眺めた。
もう、人が抑えきれない領域に行ってしまっている。

避難地域が拡大していくけれど、屋内退避なんていうことでいいのか?と思った。

そして、ある時点(おそらく3月15~16日くらい)から、政府もマスコミも、放射性物質が身近に届いたらどうするべきか?という情報を流し始めたときに、これは恐ろしいと心底思った。
報道のトーンが落ち、明らかに「落ち着いて行動してください」という方向のためのものになっていた。
もう、本当のことは知らされないのだな、何かあったときにパニックを起こさないための抑えた情報しか出てこないのだろうな、と感じた。

福島の知人から、原発にいる人からの伝聞として、本当のことは何も報道されていないということも聞いた。
今思えば、炉心が溶融しているなんて現場ではとっくにわかっていたことだったのだろうけれど、それが表ざたになると「メルトダウン」という刺激的な言葉が独り歩きしてパニックを起こすだろうから、と隠されたのだろう。


地震から2ヶ月以上たった現在、私が暮らす栃木県南部でも、放射線量は爆発的に数値が上がった3月15日ころに比べれば下がっているものの、通常値よりは高いままで推移している。
自然値に戻ってはいない、ということだ。

でも、今も変わらず毎日放射性物質が放出され続けていることに対する恐怖心が、私も含めて薄れてきてはいないだろうか。

放出されてしまった放射性物質は、ずっとこの世界にとどまるのに。
終わりはないのに。

いやなものは見たくない、都合のよい情報に頼りたい気持ちはある。
でも、ちゃんと知らなくてはならないことが、あると思う。


なお、栃木県でも、県内の全小中学校と幼稚園、保育園での放射線測定を行った。
その結果はこちら。
教育機関等における放射線量調査の結果

わが家の子どもたちの通う学校の線量は
中学校0.08マイクロシーベルト (地上1メートル)
小学校0.09マイクロシーベルト (地上50センチメートル)
幼稚園0.10マイクロシーベルト (地上50センチメートル)

1番高い幼稚園で年間の積算を計算すると

0.10μSv/h×24h×365d=876μSv

876マイクロシーベルト/年 = 0.876ミリシーベルト/年。

文部科学省が、福島の学校で年間20ミリシーベルトを上限にしていて、基準が高すぎると問題になっている。
この数値は最大値であって、最終的には1ミリシーベルトを目指すなんてことも言っているが、これくらいの線量で、すでに1ミリシーベルトに近いわけである。

年間1ミリシーベルトを上限とすると、
一時間あたりの線量は0.11マイクロシーベルト。

今回の測定は幼稚園や小学校でも地上50cmですから、これを地上に近いところで計測すると、福島第一原発から150km以上離れた栃木県南部のこのあたりでも0.11μSvなんて当たり前に出てくると思う。 

栃木県も、北部ではかなり高い数値になっていて、それこそ「県内は安全です」なんて単純にいえない状況だろう。

逆に言えば、年間1ミリシーベルトで切ってしまうと、もう半径200km~300kmだっておそらくみんな基準値を超えてしまうので、「目標値」にはできても「基準値」としては設定すること自体不可能だ。

だから、20ミリシーベルトなんていう値が出てくる。

そうやって、切り捨てられる子どもたち、土地は、今後どうなってしまうのだろう。
福島県は、こんなひどい目にあわなくてはならないのか。

それでも、その中で暮らしていくしかないのだから、と政府は思っているのだろうか。
 
浜岡原発を停止しても、日本中放射性物質を収めた建物だらけの中で、これから、どうやって暮らしていけばいいのだろう。


ずっと以前、若狭湾に海水浴に行き、対岸に並ぶ原子力発電所にぎょっとしたことがある。
道路にも、原発の看板がたくさんあって、そのとき初めて、こんなに原子力発電所があるということに気づいた。
そのときはそこから放射性物質が大量に出てくるなんて、考えなかった。というよりも考えたくなかった。

でも、私が就職活動をしているころ、泊原子力発電所の稼動が始まりつつあった北海道電力への就職を躊躇する声は多かったのだ。
若いうちは泊に行かされる。
健康に不安があるよなあ、と。

私も、周りの友だちも、漠然とした不安は抱えていたのだ。
危ないところだ、という認識はあった。

しかし、本能的な恐怖にいろいろな意味でふたをしてきたのだろう。

そして、その結果、今になって正面から向き合わなくてはならなくなっている。
いつまでも、先延ばしできるものではなかったのだ。



長くなったけれど、震災が起きるちょうど一年前に、知人と話した内容も忘れられない。

その方は、すでに仕事はリタイヤされた方だったけれど、原子力発電所の設計のお仕事もされていたので、私はこんなことを聞いてみたのだ。
そのときは、深く意識もせず。

「原子力発電所って、壊れることはないのでしょうか?」

その方の答えはこうだった。

「絶対大丈夫です。絶対大丈夫なように作ってあります。」

技術者の方は、本当に自信を持って設計されたのだろう。
それも事実だ。

私は、その方がどんなにショックを受けられただろう、と地震後に思った。


でも、原発は壊れてしまったのだ。


そして、日本にくらす私たちの生活の根本をも、破壊してしまった。


数年後に、「子どもたちの間で甲状腺がんが増えています。」などと、機械的に報道されることがないように、なんとかできないものか。

私たちは統計のための材料ではない。

みんな生きて生活しているのだ。
[PR]
by ts-kabakichi | 2011-05-30 05:30 | 思うこと

フラダンス

お風呂に入っているとき、ムスメが言いました。

ムスメ「ねえ、おかあさん。フラダンスの犬ってね。」

フラダンス?と思いつつ、うっかり聞き流す。

ムスメ「ネロとパトラシェってかわいそうだよね。」

私「あ、それ、フラダンスじゃなくて、フランダースの犬ね。」

ムスメ「あはは~。」
[PR]
by ts-kabakichi | 2011-05-29 20:59 | ムスメ

いちご狩り

今日は、友だちのお誘いで、出荷の終わったいちごハウスでのいちご狩りに行ってきました。
食べ放題、摘み取り放題。
しかも無料♪
(みんなで少しずつ出し合って、お礼をしました。)
チビの幼稚園の友だち、ムスメも友だちも誘って。

行ってみたら、誘ってくださった友人もチビの幼稚園のOBなので、来ていた人は幼稚園関係者多かったです。

子どもたち、大喜びでした。
ハウスごとに、ちょっと味が違うのを食べ比べたり。

兄ちゃんは、残念ながら部活の練習試合で参加できなかったので、代わりに、いちご4パック分のお土産を。

お昼もいちご入りホットケーキ。

帰ってきた兄ちゃん、
「これは夢♪?」といいながら、いちごとホットケーキを食べておりました。


さて、ジャムとイチゴアイスでも作りますか。
[PR]
by ts-kabakichi | 2011-05-29 13:37 | おでかけ

SLってなんだ?

チビを幼稚園に送っていくと、いろんな子たちが話しかけてきます。

昨日もチビと同じ3歳の男の子が、一生懸命電車の話をしていました。
新幹線の名前もよく覚えていて、詳しいなあ~と感心。
ちなみに、3歳のころの兄ちゃんも電車の名前は相当に覚えていましたが、今はすっかり忘れております。

さて、帰りがけにその子が、にこにこしながら言いました。
「今日の帰りはEクラスだよ。」

??

あ、そうか。
この子の家は確かベンツだった。
「あ、ベンツね。」
「うん、来たときはSLだよ。」

あはははは。

3歳児が言うといやみがないけど、なんかすごいこと聞いちゃった気がする。



この話を、かつての電車小僧の兄ちゃんにしたら、

「えー、その子、きしゃぽっぽで来たの?
せーんろはつづくーよー♪」
と歌いだしました。


EクラスともSLクラスとも、無縁なわが家であります。
[PR]
by ts-kabakichi | 2011-05-28 16:46 | チビ

晃石山にて

昨日はチビが幼稚園に行っている間に、晃石山にでかけてきました。
あまり天気がよくなかったのですが、雨も降り出さず、涼しくて快適な山登りでした。
パラグライダー場からの眺めもかすんでおります。
a0076428_11401086.jpg



下界はバラをはじめとして花が盛り。
幼稚園の送り迎えのとき、あちこちの家の庭のバラを眺めるのが楽しいです。


さて、山の上でも小さな花たちが咲いています。

a0076428_11403280.jpg
名前はわからないけど、小さな小さな花がかわいらしく咲いています。

a0076428_11404962.jpg




こちらは先週のぼったときにご一緒した方に教えていただいた、ヤマアジサイ。
これも小さな花です。
a0076428_1141392.jpg


花が開いているのに近寄ってみると、薄い青色のきれいな花でした。
でも、ひとつの花の大きさは5ミリくらいなのです。
a0076428_11411816.jpg

[PR]
by ts-kabakichi | 2011-05-27 11:47 |

洗濯機の底

最近、洗濯機の中から、変なものが続けて出てきました。


①前の日のおやつの、「わらびもち」に入っていた緑色のプラスチックの楊枝。

②鉛筆のキャップ。(発芽したひまわりの種入り)

a0076428_11503976.jpg


a0076428_1150563.jpg




どちらも、犯人はムスメです。


楊枝を見た瞬間に、ムスメだなと思っていたのですが、キャップで決定的になりました。


なお、キャップに入れたひまわりの種が、発芽しているとは思っていなかったようで、びっくりしていました。

楊枝の犯人が、自分だとばれたのにもびっくりしていました。
(そんなものをポケットにしまうのはムスメだけです。チビは石ころは入れてるけど。)



ひまわりの種は、その後、庭に植えました。
[PR]
by ts-kabakichi | 2011-05-26 11:48 | 日常

遠足と野外炊飯

今日は、チビの幼稚園の遠足と、兄ちゃんの野外炊飯がありました。
いい天気の一日で、どちらも楽しんできたようです。

まずは、10時までにチビの待ち合わせ場所まで送っていきます。
a0076428_2241295.jpg

場所は、近くにある携帯電話会社の広大なバックアップセンターの中にある、原っぱ。
園長先生いわく、遊具など何もないのがいいのだそうです。


次に兄ちゃんたち中学生が集結している、近くの大きな公園のバーベキュー場へ。
こちらはボランティアの親が手伝います。
10:20集合。

幼稚園児ではなく、中学生の相手なのがちょっと面白かったです。

ただ、あくまでも子どもたちの様子の見守り。
あまり手を出さずに、と事前に先生からも話がありました。

メニューはカレーライス。
薪で火をおこし、飯ごうでご飯を炊き、カレーを作ります。

火おこし、兄ちゃんはまあ慣れているはずなのですが、見ていると、みんなで新聞紙と薪を適当に重ねて火をつけたうえに、ちぎっただけの新聞紙を投入しています。
風が強い火だったので、それじゃあ火のついた新聞紙が飛んで行っちゃうよ、とここで口出し。
新聞紙はきつく丸め、火が長もちするようにし、その上に薪を置くようにと伝えます。



a0076428_2243849.jpg

子どもたち、飯ごう担当・カレー担当など分かれていて、最初はご飯は自分の担当じゃないからなどと言っていたのですが、そんなこと言ってると作業が進まないので、適当にその辺にいる子に野菜を切るのを指令。
いつの間にか、火のほうは専属担当者がついて、上手に燃やしております。
手の空いている男子には、水汲みを。
女の子とたちと兄ちゃんは野菜切り。
まな板と、キャンプ用の調理道具をちょっと持って行ったのが役立ちました。


a0076428_2254525.jpg

そのうちに、それぞれの子たちが率先して動くようになり始め、なかなかいい仕事ぶり。

カレーも、ちょっと水が多めだったのを、兄ちゃんが中心に辛抱強くかき回して煮込み、とってもおいしく出来上がりました。
ご飯もそこそこ上手に炊けました。
二つあった飯ごうのうち、ひとつはご飯が少々やわらかかったのですが、担当の男子、「水が多かったんだ」とあっさり明るく分析。
そうそう、火が通ってればいいのよ。


a0076428_2263180.jpg
出来上がったカレー。
本当においしかったです♪

みんなおかわりして、なべひとつが空になっておりました。

あと片付けも、さっさとはじめていて、感心。



カレーを食べたあとは、1時にチビの迎え。

a0076428_2264846.jpg

こちらも、満喫したようで、
「今日の幼稚園、楽しかったよ。」と何度もうれしそうに話をしていました。



母さんも忙しかったけど、楽しい一日でした。
[PR]
by ts-kabakichi | 2011-05-18 22:10 | 兄ちゃん

毎日ようちえん

連休も明け、そろそろ5月病なんてのも聞かれる時期ですが、チビにはその心配はないようです。

ゴールデンウィーク中も、
「今日は幼稚園は?」と聞いてくるくらい。
「お休みだよ。」というと
「えー。」
と、肩を落としています。

先月後半からお弁当も始まり、今週からは2時までのフルタイム?となりましたが、元気いっぱいです。
朝も、入口からさっさと自分で入っていき、嫌だと言ったことは今のところ全くありません。

自分でいろいろすることに、自信をつけ、何もかもが楽しい様子。
夜もさっさと寝て、朝も早く起きるという習慣も自ら身につけたようです。

小さな子どもの力は、なかなかすごいなあと、あらためて思います。



兄ちゃんの方は勉強量も増え、部活の時間も長くなり、試合なども多く(試合のあるときは朝6時に弁当持参で学校集合)、やや失速気味。
あまり小さくない人は、自分のペースになるまで時間がかかるでしょう。


ムスメは、2年生から3年生になって6時間授業も始まりましたが、ほかはあまり変わらないので、相変わらずのマイペースですごしております。
宿題するのを忘れて遊んでいるのも、変わりません。




私は、幼稚園児と小学生と中学生という、それぞれ生活時間の違う人たちに振り回されております。
大人が一番慣れるまでに時間がかかるかも…。
[PR]
by ts-kabakichi | 2011-05-11 17:30 | チビ

剣道部

兄ちゃん、中学では剣道部に入部しました。

今日は、剣道部の保護者会(そんなのがあるのか~!)と新入生歓迎会。
10時に始まって、防具の説明なども含めて終了したのは14時過ぎ。
ムスメは、10時半から道場の月例試合だったので時間が合わず、早朝から友だちの家にお願いしました。
(前回女子の部で優勝しているので、気合が入っている。)

まあ、防具類は全部持っているので、買うものは試合用の個人のネーム入りの紅白のタスキ(630円)くらい。
剣道では、試合のときに紅か白のタスキを背中につけるので、自分のが必要になります。
ついでに、防具バックも新調することにしました。
出かけることが多いので、ちょっと大きめでお弁当なども入り、外に水筒の入るポケットも付いているものに。

チビな兄ちゃんには、小2から使っている胴などはまだまだサイズもちょうどいいので(低学年用なのに、最初は大きくて苦労した)、成長を待って、また買い換えることにいたしましょう。
[PR]
by ts-kabakichi | 2011-05-07 16:33 | 兄ちゃん