今日はどこへ行くの?

kkabakichi.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧

週末の予定

先々週の土曜日は、ムスメの剣道の練習会。
朝6:20出発 → 夕方16:00ころ帰宅

先週の土曜日、ムスメの剣道の大会。
朝8:00出発 → 15:00ころ帰宅

今週の土曜日、兄ちゃんの剣道の強化練習。
朝7:00学校集合 → 16:00解散予定
車出し当番のため、私も行かなくてはなりません。
一日、会場の中学校の体育館の外で待っているのはきついなあ。近くだから帰ってもいいのかな?


来週の土曜日、ムスメの剣道のジャガイモ堀り会。
朝9:00集合。


ほかの日も、土日は兄ちゃんの部活の通常練習は8:30から。
車当番ではないけれど、早朝弁当持参で集合の練習試合も何度かあります。

ムスメの稽古は9:00から。


たまには、寝坊だってしたいなあ。

チビも連れての週末の、上二人の予定。
一人でこなすには、限界になってきているような気がします。
平日は学校の行事もあるし。

熱を出したり寝込んだりできないのは、子育てが始まってからずっとのことだけど、ますます体調管理には気をつけなきゃなあと思うのでありました。
[PR]
by ts-kabakichi | 2011-06-29 17:20 | 日常

網戸

今日は、網戸の張り替えをしました。
今の家に引っ越してきた去年、ほとんどの窓の分を張り替えたんだけど、居間と和室の大きな窓の4枚はまだ大丈夫そうだったので、そのままになっていたのでした。

上下に分割されている網戸なので、合計8枚張り替え。

途中から、大家さんが手伝ってくださいました。(^^)

とっても、すっきりしました♪
[PR]
by ts-kabakichi | 2011-06-28 21:00 | 日常

犬のまいごさん

昨日は、ちょっと雨模様だったので車でチビを幼稚園に迎えに行った。
途中で、灰色のむくむくした犬が一匹、綱もつけずに歩いているのを見かけた。交差点を、きちんとわたっていた。
犬ながら、とぼとぼ歩いている。
ああ、迷子だなあ。ちゃんと飼い主に会えるといいけど、と気になりつつ通り過ぎた。


チビを連れて帰ってから、近くの歯医者さんに生協の荷物を取りに行って、そこの方と立ち話をしていたとき、犬のリードを持ったお姉さんが、
「迷子の犬、見かけませんでした?」と、息を切らせて現れた。

話を聞くと、私が見た犬だった!

私が見かけた場所は、国道をわたった向こう側だったので、飼い主の方もまさかそっちにいっているとは思わず、見つけることができなかったようだ。


その後、いつも子どもたちの下校に付き添ってくださる地域の方も、迷子の犬をみんなで探しているんだよ、と話をしていたので、私が見かけたのでお知らせしましたよ、と伝えた。
話を聞けば聞くほど、私が見た犬と特徴もぴったり。

今朝、聞いてみたら、私が見かけたあたりでちゃんとみつかったそうだ。


よかった!


そして、ちゃんとみんなで迷子の犬を探してくれる地域って、いいなあ、と思いました。

おじいちゃん犬だったから、みんな心配していたそうです。
[PR]
by ts-kabakichi | 2011-06-28 11:03 | 日常

中学生たち

日曜の午後、兄ちゃんの友だちが遊びに来た。
遊ぼうと電話をかけてきた子もいて、その子も途中から参加。

普段、友だちとどうすごしているのかを見ることはなかなか無いので、家で遊んでいる様子を見るのも面白い。



Kくん。

兄ちゃんとは小学校は違うけれど、剣道の道場で一緒だった。
裏表の無い性格。ゲーム大好き。
よく「S(兄ちゃんのこと)の母さん、Sにももっとゲームさせたほうがいいですよ。面白いから。」などと薦めてくる。
からかうと、非常に面白い。

今回はうちに来てから、兄ちゃんと100円ショップに出かけようとしたとき、泣いてついて行きたがったチビをとっても気にしてくれて、
「自転車の後ろに乗れる?だったら連れていくけど。」と話しかけている。

兄ちゃんも、私もいつものことと思って聞き流しているけれど、泣いているからかわいそうだと思ってくれたようだ。

「いいのいいの、Kくん。泣いててもすぐに泣き止むから大丈夫。」と言ったら、
「仕方ないなあ、お土産買ってくるよ。」とチビに言って出かけていって、本当にお菓子を買ってきてくれた。
チビ、大喜び。

いい子だ。(^^)
こうやってたまに、表向きはしょうがねえなあと言う感じで、でも優しい顔でチビの相手をしてくれる。



Dくん。

おとなしい彼は動植物、岩石などに非常に詳しい。
マムシも素手でつかめるツワモノと兄ちゃんは言っている。
去年のクリスマスはケーキを作って、男子クリスマス会開いたりもしてくれた多才な少年である。

少し前には、兄ちゃんの盆栽の梅を見て、
「うーん、枝を伸ばしすぎてる…。」と剪定のアドバイスもしてくれた。

今日のお題?は石。
チビと私が拾ってきた、晃石山とみかも山、岩舟山の石を見て、晃石とみかもの石は
「チャートだ。」とすぐにわかった様子。
岩舟石は、すぐに思い出せなかったようだけど、どうやって出来たものなのかは知っていた。
(ちなみに凝灰岩です。)

その後、私が子どものころから大事に持っている、海で拾ったメノウを見せたら、
「うわー、思川で同じようなの拾ったことある。あれ、メノウだったんだ。庭石の中に入れちゃったよー。」と言っていた。


あとで兄ちゃん、
「お母さんとD君、話が合うんじゃない?あの石の話の盛り上がりには、僕はついていけなかったよ。」と言っておりました。
わが子を置き去りにしていたか。

すまん。



きっと、そのうちに友だちの家のおばちゃんなんかとは話なんかしなくなるんだろうけど、まだまだ面白い男の子たちであります。
[PR]
by ts-kabakichi | 2011-06-27 00:35 | 兄ちゃん

困った人

先のエントリーで、延々と困った人について書いてしまい、お目汚し、申し訳ありませんでした。

そういえば、前にぶちあたってしまった困った人のことも、ついでに思い出したので書きます。

今となってみると、笑える話です。


兄ちゃんがまだ小さかったころ、同じアパートにちょっと大きいくらいの女の子のいる方が住んでいました。

お母さん、看護師さんなので、夜勤もあって結構大変そう。
なので、何かお手伝いできれば、と保育園に入るときに入園準備の袋物などを私が作りました。

そのころ、地域の障害児学級のお母さんたちが主催のバザーを手伝っていて、町の保育園や幼稚園の規格サイズに合わせた袋物やエプロンなどを作っていたこともあったので、たぶん頼まれたのでしょう。

なお、その女の子、0歳児のうちはご実家のお母さん、叔母さんご夫婦、ご主人などが交代で面倒を見ていたようですが、さすがに面倒見切れんといわれたようで。1歳過ぎてからの入園でした。

そのときも、着替え袋には裏地をつけてね♪など、なかなかご要望が厳しかったのですが、下の子が生まれたとき、すでにご自宅を新築してご実家のある隣り町に引っ越されていたのに、わざわざお電話で、今回も保育園入園準備よろしくね、と。
「前回は、お昼寝布団のカバーとかバッグは市販のを買ったんだけど、やっぱりほかのものと同じ生地のほうがわかりやすいから、それもお願いね。」

はて??とは思いましたが、作りました。
巨大な昼寝布団カバーやらバッグも。
着替え袋、通園バッグやらなにやら、洗い換えも含めて点数も多くてかなり大変でした。

兄ちゃんがまだ3歳くらいのころだったと思いますが、頼まれごとを引きずるのはいやなので、何日か寝る時間を削って、さっさと作ってお届けに伺いました。

そのときの第一声。

「えー、早いねえ。よくそんな時間あるね。」

その後、こちらからは一切連絡せず、何か言って来てもすべて適当にお断りしました。

ちなみに、お礼は、生地を買いに一緒に店に行ったときに、兄ちゃんに買ってくれたネームタグ(200円)だけでした。



あちらから頼んでくることを、タダで引き受けてはいかんのだな、と勉強になった一件でありました。
わはは。
[PR]
by ts-kabakichi | 2011-06-26 22:30 | 日常

気疲れ

昨日は、気持ちの上で何かと大変な一日でした。
すごーくめずらしく、人前でぶち切れそうになった。


自分の気分がおさまらなかったもので、書いてみましたら、なんだか長い愚痴になっちゃったので、あの、お付き合いくださらなくて大丈夫です。
申し訳ありません。




その1.兄ちゃんの剣道部の連絡網

兄ちゃんは、いつものように朝8時からの部活に、7時半過ぎには出かけていきました。
私は、8時に家を出て娘の剣道の試合(県の道場対抗戦など)のために、家の近くの大きな体育館へ。
県の大会なども、よくここで開かれるので、うちはラッキーなのだ。

さて、朝9時に携帯メールで剣道部の連絡網がきました。

「(タイトル) Fw2:○中剣道部連絡網 至急」
「至急連絡網を回してください
明日の部活はお休みになります
昇段審査の申し込み締切は今日だったのですが、6/26(日)朝、締切になりました。
審査料は…(以下略)」

しまった。
出先で次の人の連絡先がわからない…。前の方からはこの間、メールのアドレス教えてくださいといわれてアドレス交換もしたけれど、次の方はうっかり電話番号も登録していなかった。
しかも、今日は午後までかかるから、帰宅が遅くなる。

と言うことで、申し訳ないなあと思いながら、次の方の連絡先を聞こうと、前の方に電話した。
すると、

「あ、連絡網、昨日の遅くに来ていたのを私、ついさっき気づいたので、回すの遅くなったんです。
うちの子も学校に行ったけど戻ってきて。なんだかみんな連絡ついていなかったみたいで、たくさん来ていたみたいで…」

へ?
休み、明日ってさっきのメールに書いてあったけど、明日って、日曜じゃなくて今日(土曜日)だったの?
兄ちゃんどうなったんだ?

びっくりしたので、
「あの、申し訳ないのですが、私、朝から下の子の試合で体育館に来ておりまして、家にまだ戻れないので、次の方に電話していただけますか?」
とお願いすると、
「はい、いいですよ。この事情を私から説明するといいんですよね?お兄ちゃん、大丈夫かしら?」

…兄ちゃんのこと心配してくださるのはありがたいし、家に帰ったら連絡くれるから大丈夫だろうけど、「この事情」、うちにも知らせてほしかったな。
メールの本文、昨日のまま転送するんじゃなくてさ…。
おそらく、相当にあわてていたのでしょうけれど。

兄ちゃんからは、その後私の携帯電話に、家から「遊びに行っていい?」と電話がありました。
間違えて登校してきちゃったのは、連絡網のうちの列、4人だけだったそうです。

違う列の友だちに、念のため連絡もらうようにお願いしようっと。




その2 試合で怒られっぱなし 
(この先、長くてすみません。)


先生に怒られたわけじゃありません。

剣道部の若いママ(去年までいたお母さんたちが卒業してから、最近いばってる)に。

①子どもたちの荷物を、これまでの試合のときと同じように観客席の椅子の下にしまわせようとしたら、観客席後ろの共用通路に置くように言われた。
体育館側からは、通路には荷物を置くなといつも言われているし、ちょうどそこにはよその道場の荷物も片側(座席側)に並んでいたので、
「ここにおくの?通路だから邪魔にならない?」と聞いたら、
「窓側だって!窓側に置いとけばいいの!」
と、話わかってねーなあ、と言う感じで言われた。
トホホ。

案の定、そこだけ通路がせまくなってるから、バッグはしょっちゅう蹴飛ばされて動いていて、何回も私が直すはめになりました。


②昨日の大会は、長丁場。
3つの試合があり、ムスメの出る個人戦が2番目。
ほかの子たちが出る小学生の団体戦はその後。
11時ごろ、今のうちに、と子どもたちにおにぎりを食べさせた。
お昼より少し早いけれど、私たちの道場からは参加しない最初の試合の間に食べるのがベストだろうし、朝早く出てきた子どもたちも、おなかがすいた~と言い出したので。

そうしたら
「えっ!!何やってんのっ!?
試合の前に食べたらだめだって!吐くよっ!」と、血相変えて言われた。

でも、食べさせた。
子どもたち、ヒマな上に腹ペコなんだもーん。

なお、ムスメの試合開始は12時過ぎでした。
次の試合に至っては1時半近い開始。




③朝8時半くらいには、ムスメの背中には、白いタスキ(試合のときは赤白に分けてタスキをつけます)がつけられていた。
まあ準備が早いのはいいんだけど、途中でトイレ行くのに防具をはずしたときに、ムスメがうっかりベンチの下に落としたらしい。私も気づかなかったんだけど、そうしたら、

「Sちゃん!タスキついてないよ!?
どこに落としたのっ!?
どうする気!」
ムスメ、大きな声で怒鳴られました。
(いくらでも予備あるんだけどな。)

3メートル先に落ちてたのを、私がすぐに拾いました。

ムスメ、こっそり
「お母さんでも(でも?^^;)、あんなに怒らないで、探してくれるよね…。」



④ムスメの試合前、体育館内の試合会場近く(体育館を8つのコートに分けてある)で待っていたけど、のどが乾いたと言うムスメに、まだ時間もあるしと体育館のすぐ外のロビーのベンチでお茶を飲ませて戻ると、それまでは、どこかで前の試合の準決勝を観戦していた役員さんとそのママ、
「あ、いたいた!どこ行ってんの!もう第3会場で点呼始めてるよ!遅れたら失格だよっ!急いでっ!」
また、親子して怒られました。

ムスメの試合会場は第4だけど、第1と第2は、今は決勝戦で使っているし、まとめて第3で点呼なんだ~と思って行くと、
「あれ?Sちゃんの名前ないよっ!」
と第3会場の対戦表を見て言っている。

「あ、うち第4会場だけど。」

対戦表、持ってるのはあなたたちですが。

となりの第4会場では、まだ点呼なんて取ってませんでした。

当然、間違えたことに対する謝罪なんてありません。



ちなみに、朝からずっと節電で蒸し暑い体育館で、長時間付き合っていい加減飽きてきているチビも連れているのに、役員さんも試合の誘導も特にしてくれません。
たまに現われては、「Sちゃんは試合見てちゃだめ。体動かしときなっ!」とか強い口調であれこれ言うから、こっちは体育館内の進行も気にしつつ、嫌がるチビを連れてロビーでうろうろ。
(ムスメが先生に言われて、素振り100本などしている間は現われなかった。)

ただね、そんな身動き取れない私を見かねて、チビを体育館隣りのチビの大好きな公園に連れて行ってくれたお母さんがいたのです。
ご自分は、今日は観戦だけに来ているし、下の子はうちでご主人に預けてきたからと言って。
これは、本当に本当にありがたかったです。




で、そんなことがまだまだあって、帰る間際になってからは、みんなが持ってきたお菓子もその場では食べさせずにきっちり配分したいらしく、私も手伝おうとしたら「わかんなくなるから、手を出さないでっ」と、怒られた。
頭にきたので、一度入れかけたお菓子は回収した。
(お菓子くらい、今までと同じで子どもたちに適当に配らせておけばいいのに、だ。しかも彼女の分け方は、非常に手順が悪い。)
で、「もうガマンできないっ」とぶち切れそうになった私を、
手を出さずに眺めていたほかのお母さんたちが

「みんな、ガマンしてるから。大人だからね。」(←お姉ちゃんは高校生)
「いらいらするときは、トイレの格言カレンダー見るといいよ。農協とかでくれるじゃない?」(←実家が農家)

などと、明るく慰めてくれたのでした。

ありがとう。
みんな、大人だね…。


私なんて、最近、細かいことすべてにおいて、ほかの人の意見は否定し、自己主張を通して横暴さを増す彼女に会うのが苦痛で、この間も休んじゃったんだけどさ。


若い彼女なりに、やる気があって、一生懸命してくれようとしているのは、わかる。
でも、私は偏りがちなことを公平に、面倒な方法よりはみんながしやすいような方法で、スムーズに物事が動くように発言しているつもりなんだけど、
何かしたり言ったりするたびに、すべて否定されるって、かなり疲れる。

常識が通じないってこんなに大変だったのか、といまさら感じるのは、私がたまたまそういう人に出会わずに済んでいたからだろうか。
(まあ、何回かはあるけどね。)

ムスメも、「××ちゃんのお母さん、すっごく怖かったね~。
私、試合に出るのいやだなあ。」と。


それにしても、いろいろあって、どっと疲れた一日でした。



あー、今日も剣道だ。
先生へのお中元、私が買ってあるから持って行かなくちゃ。
[PR]
by ts-kabakichi | 2011-06-26 07:53 | 日常

こらっ!(期末テスト2)

「明日の社会のテストは地理なんだ~」と昨日は、地理の勉強していた兄ちゃん。

ちゃんとやっているかとおもいきや…。

朝、兄ちゃんが出かけた後、ムスメが
「お母さん、私の机の前にこんなの落ちてた~。」と、持ってきたプリント。

兄ちゃんの、社会の試験直前対策プリントだった。
しかし、白紙。
昨日やってた分野と微妙にずれてるが、ここから16点分出ると書いてあるぞ。
しかも、歴史からも出るって書いてある。

a0076428_119181.jpg
(帰ってきたら目に入るように、居間の扉に貼っておいた。)


し~らないんだ~ し~らないよ~ ♪

自分で一度痛い目にあいなさい!!(中間でも痛い目にあってるから、2度目なんだけど。)

(怒!!)
[PR]
by ts-kabakichi | 2011-06-24 11:12 | 兄ちゃん

期末テスト

今日明日は兄ちゃんの期末テスト。

ちっとも勉強している様子がない。
本人は、「大丈夫大丈夫~。」と余裕の態度。

しかし、昨日くだらない本を読んで大笑いしている兄ちゃんに、
「明日の試験科目は?」と聞いたら、
「えーと、理科と技術と国語。」
「3科目でおしまい?そんなわけないでしょう?」
「だって知らないもん。」(ちょっと反抗期)
「そんなわけない、調べなさいっ。」

その後、理科の練習問題をネットから探してきて、兄ちゃんに渡したところ…。

「この空欄は?」
「学校で習ってない。」
「うーん、植物の導管とか師管までやって「葉脈」習わないはずはないんだけどねえ。これ、葉脈ね。」
「ふーん。」

その他も、わからないところ続出。
教科書を見ると、アンダーラインも引いてない。(授業中はプリントばかり使って教科書見る暇ない、のだそうだ。へー。)
だからといって、ノートにもまとめてない。
ワークブックも学校においてきている。(先生が集めたんだそうだ。へー。母ちゃんも反抗期。)

ついでに言えば、技術なんてノートも教科書も学校に忘れてきたらしい…。


母ちゃん説教&特訓。


結果。

理科は、葉脈、出ました。
母ちゃん大いばり。
反抗的な態度も引っ込む兄ちゃん。

しかし、「植物自身が育つため」と書くところを「植物自信」と書いて×もらったりしていた。

兄ちゃんらしい…。
[PR]
by ts-kabakichi | 2011-06-23 22:18 | 兄ちゃん

節電

震災後、節電が美徳みたいになっちゃってるけど、安定的に電力を供給できない電力会社に問題があるんじゃないのか?

電力不足は、供給側(国も含めて)の問題だ。
電力を使わせまくるように、家電製品でも何でも生み出してきたのも、供給側だ。

乗せられてきた消費者も悪いが、消費者がそのような流れを作り出したわけではない。
売るもののために、売り手が作り出した潮流だ。

それを、いまさら節電にご協力をとか言い出して、電気がなかったら暑~い夏に電力なくて苦しみますよ~。
原子力発電所だって必要なんですよ~。
といった方向に持っていかれるのは、いやだな。

電力会社の持ち物のくせに、電気が来なくなっただけですぐ壊れて使えなるような、脆弱な発電所に3割もの発電を担わせてきたことに、一番の問題がある。
しかも、一度壊れたら、国土を汚染しまくって生活自体を根本から痛めつけるようなアブナイ代物に。


それを誘導してきたこの国の政策は、狂っている。
[PR]
by ts-kabakichi | 2011-06-23 06:00 | 思うこと

梅雨の晴れ間

今日は朝から青空で気温も高くなりそうだったので、カーテンを洗濯することに。

思いつきではじめたのはいいけど、今の家、窓が多いのだ。
7箇所分のカーテン洗濯。
洗濯機が働いている合間に新聞でも読めるかと思ったら、そうも行かなかった。
窓からはずしたり、またつけたり、金具もつけたりはずしたりもあるけど、なかには洗濯したら縫い目がほつれちゃったのがあったりして、ミシン出してきて縫いなおしたり。
短いまま使ってたもののすそを出したりも。

まだ、終わりません…。


でも、すっきりした!
[PR]
by ts-kabakichi | 2011-06-22 13:14 | 日常