今日はどこへ行くの?

kkabakichi.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

消防フェア

先週、熱気球に乗った会場で、今日は消防フェアが行われました。


河川敷は消防士さんたちと消防車だらけ。
a0076428_11322759.jpg


はしご車のバスケットに乗って記念撮影してもらえたり、放水体験ができたり。
子どもは結構楽しめます。
a0076428_11324116.jpg


なぜか、「防火カレー」なるものも無料配布されていました。
チビ、消防ヘリの消しゴムやらペーパークラフトのプレゼントにも喜びましたが、なぜかカレーにも大喜び。


式典の様子。
表彰も行われておりまして、音楽は消防音楽隊の生演奏でした。
天気があまりよくないので、音楽隊はテントの中。

a0076428_11325523.jpg

ずらりと並んだ消防車、見てるだけで嬉しいチビでした。
[PR]
by ts-kabakichi | 2011-11-20 11:36 | 栃木の風景

ある日のクライミングジム

幼稚園の行事のあと、子どもたちとクライミングジムに行きました。

到着したときに車で寝ちゃってた1歳児。
ジム内のマットの上に寝かされておりました。
a0076428_110114.jpg

幼稚園児と主婦だけだったので、誰もルーフは使わない(使えない)ので、一応この下は安全。

先生が「寒かったら寝袋もあるから使ってね。」と言ってくれておりました。


先日聞いた話では、先生がここを作ったときの構想は、「クライミングジムつき別荘」だったそうです。
いいな、私も欲しい~。
[PR]
by ts-kabakichi | 2011-11-20 01:12 | 日常

謙信平から見た富士山

12日土曜日は、兄ちゃんの剣道部の3年生を送る会でした。
朝6時半集合で、バスに乗って、東京ディズニーシーへ。

申し込みの時点で、兄弟はダメということだったのですが、バスの空き具合を見て上級生から?下の子も連れて行っていいことになっていたようで、蓋をあけたらバスに乗り込む小さい子達もいて、自分はいけないとあきらめていたチビは涙。

まあ、仕方ないよ、と集合場所から家に帰ろうとしたのですが、いい天気で富士山もくっきり見えます。
これは、太平山に行って眺めなければ!とそのまま太平山の謙信平へ向かいました。

それが、この眺め。

a0076428_1423358.jpg



謙信平からの眺めは「陸の松島」と呼ばれているそうです。
こういう、雲海が出る日に、下にある小さい山が島のように浮かんで見えるから。

私も何回もこの謙信平から富士山を眺めていますが、この日は本当に見事な眺めでした。

そのうちに、朝日が差してきて、右にある岩舟山の岩肌に当たり、その陰影もきれい。


写真を撮りに来ていた、太平山で茶店をしているというおじさんも、
「70年住んでいるけど、こんな恵まれた天気はなかなか無いよ。少しでも風が出るとすぐに雲が消えちゃうからね。」と。

本当に幸運な眺めでした。



ムスメも、
「ディズニーシー行かなくてよかった、富士山見ることできたもん。」
と大満足でありました。
[PR]
by ts-kabakichi | 2011-11-14 14:09 | 栃木の風景

熱気球

今日は、すぐ近くの公園で開催されていたお祭りに行ってきました。
バルーンフェスティバルというもので、熱気球体験ができます。

風が出てきていたので、そろそろ受付終わり…というところに滑り込みセーフで、乗ることができました。
a0076428_18534666.jpg


3つの熱気球が出ていました。
奥のは子供たちから公募した絵をデザインした初代小山号。

右のが2代目。
全部デザインしたものにすると、莫大な費用がかかるので、2代目はキャラクターだけだそうです。
小山ブランドのキャラクターのピンキーちゃんでございます。
(思川桜なのだ。)




a0076428_18541124.jpg
さて、無事に運行中にもならず、ピンキーちゃん号に乗り込むことができました。

上昇すると、隣の初代小山号が小さく見えます。
遠くまで見えて、不思議な眺め。



a0076428_18542316.jpg
さっきまで並んでいた広場もずいぶん下に。
この奥、晴れていたら富士山が見えるのになあ。




a0076428_18543874.jpg
下から見上げた熱気球。
日に透けてきれいでした。




この後は、高専の生徒たちが作った電気自動車に乗せてもらったあと、ちょっと離れた「農業祭り」会場へ。
焼きそば買ったら、娘が、「売ってる人、前の校長先生に似てる。」と。
本当に、定年退職した前の校長先生でした。
どうやらボランティアのようです。

また、川に住む魚の展示コーナーがあり、こんなところに兄ちゃんの友だちいそうだな、と思ったら本当に、そこに現れました。びっくり。
ここで兄ちゃんは友だちチームに合流。
いろいろなブースの無料ゲーム、野菜の重さ当てクイズ、魚の名前当てクイズ、的あてなどなど、満喫したようです。
昨日部活のレクレーションで行った、むちゃくちゃな混雑のディズニーシーより楽しかったらしい…。


私とムスメとチビは、さらに隣の体育館が会場の「健康まつり」へ。
子どもコーナーがあって、魚釣りゲームやらゴルフなどを堪能した下の二人組でありました。
[PR]
by ts-kabakichi | 2011-11-13 19:07 | 栃木の風景

母の庭で

母の一周忌のために、帰省していました。

今年は、去年母が倒れた日と同じ日を迎えるのが、憂鬱でたまりませんでした。
11月が近づくのがいやだった。

なぜなら、もう「去年は母と話すことができた」「母がいた」と思える日が終わってしまうから。
一年たって、本当に遠くに行ってしまったのだなあ、と思います。


実家の庭に出たら、母が長年大切にしていたバラが、鮮やかに咲いていました。
この庭にいると、向こうから花鋏を手にした母が現れるような気になります。
母の存在感は、そこかしこに、ちゃんとある。
でも、もう、本当の姿を見ることはできない。

できることならば、もっともっと、そばにいたかったな。
お母さん。



大変な思いをして、産んで、育ててくれて、いつも心配して気にかけてくれて、ほんとうにありがとう。

出産のときに体をこわして、それ以来普通の食事も取れない体で、よくがんばって生きて、私や子どもたちを見守ってくれたなあ、と感謝しています。

もう、疲れて手術あとの背中が痛くてつらい思いをすることはなくなったかな。

私も、実家から自分の家に戻るたびに泣くことはなくなったよ。
歳をとって小さくなっていく母の姿に、次は会えるのかな、といつも心配でたまらなかった。

心配のかわりに、さびしくなってたまに泣くけれど。


いつか、私も自分の役割が終わったら、また近くに行きます。
それまで、お父さんと待っててね。



a0076428_292987.jpg

[PR]
by ts-kabakichi | 2011-11-07 00:59 | 日常

小学生工作会

今週の月曜日は、小学生が文化祭の代休で休み。

ムスメは、午前中から友だち2人と公園へ。
私ともう一人のお母さんもついていって、公園内の体育館のクライミング壁にも行ってみたりしたあと、マックでお昼。
妹がマック嫌いでいつもいけないんだ、というAちゃんのご要望。

午後は、わが家で遊ぶことになり、女の子3人、まずは紙粘土工作。
また、私が幼稚園のバザー用に作っていたリースを見てやってみたい、と言うのでリース作り教室も開催。

その後は、家の横の遊歩道でローラーブレードや一輪車、縄跳びなどで遊んだりと、楽しい休みを満喫。

うちは夕方まで学童保育状態で、まあ忙しかったのですが、これはこれで面白かったです。


それにしても、学校行事が週末にあると、それに参加するだけじゃなくて、その後の休みの子どもの相手もわが身に降りかかってくるので、秋は大変でゴザイマス。


あとは、来週のチビのバザーだけだな。

しかし、毎日毎日クッキー焼いたり、衣類や雑貨の仕分けのし続けです。
家の片付けの時間もなかなかとれず、なぜここで片づけしてるんだ?と疑問に思わないわけでもないのですが、小規模な幼稚園の貴重な収入源ですから、いっちょがんばりましょう。
[PR]
by ts-kabakichi | 2011-11-02 00:41 | ムスメ